HIDEKI

人魚の眠る家のHIDEKIのネタバレレビュー・内容・結末

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

とても深くシリアスな話で見入ってしまいました。冒頭はなかなか入り込めなかったですが後半からは、母である篠原涼子さんの気持ちと父である西島秀俊さんの気持ち、両方わかるし、むしろ脳死状態でも生きていると信じていた篠原涼子さんをおかしい、やりすぎ、とまで思っていました。ですが最後にその行動はただ娘に生きて欲しい、目を覚まして欲しいただそれだけだったんだと気づいてから自分が周りの目を気にして娘を見ていなかったことに気づきました。生きていると思いたいし、生きているのだけれどやはり心では死んでいる。と思ってしまう自分。篠原涼子さんは生きていると心から信じていたのです。というかそう思いたかったんだと。心から。だから最後に娘にありがとうと言われたし、それが見れたのだと思いました。物事を見る時にやはり色々な視点から考えなければと、色々な人の気持ちを考えられる人間にならなければと思いました。
とても素敵な作品でした。