いぬ

人魚の眠る家のいぬのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.5
テーマが重々。
臓器移植がテーマのものを観るのはドラマのSummer Snow以来かも。Summer Snowは出演者もラスト以外も大好きだけど、ラストの後味が悪いトラウマドラマになってる💀人の生死を扱うものはどうしても難しい。

薫子さん、途中からどんどん狂ってくるけど、そういう選択肢があるならすがりたくもなるのもわかる。どんなに辛くても、本人にとっても周りの人にとっても自然な死が一番なのかもしれない…。
薫子さんが「第二の父」研究者さんが「嫉妬」という言葉を発してちょっとイイ雰囲気だしてきた時はこの流れ要らんなと思ったり。

子役の名演技が涙を誘う🥺そしてみんなかわいい。