さね

人魚の眠る家のさねのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
4.4
脳死した娘の母親の話
死とは脳死を指すのか、心臓が完全に止まったことを指すのか
よく言われる議題で“正解“の出ないテーマではあるけど、そのことについて深く考えさせられる作品でそれだけで見る価値は十分あった

結局どの結末にしても「親のエゴ」という言葉を使えばそれで済むけど、その結末に至るまでに子供のことを考えて、思い出に浸って、そこには理想とかも混ざりながらも導く答えが優しくて、温かくて“幸せ“なんだろうなと思った