しろ

人魚の眠る家のしろのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.3
たぶん自分に合わないだろうなと思いながら敬遠してた映画でしたが、ようやく観ることにしました。

電気信号で人の身体を動かすのは、ホラーチックで怖かった。
可哀想な気持ちは理解出来るけど、やはり愛が過剰になり過ぎて苦しかった。

身近な家族の死ってなかなか受け入れられないけど、みんなどうにか受け入れなければならないんだね。
みんな、苦しそうで辛いけど最後受け止める事が出来て良かったかな。