人魚の眠る家の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

やたらエキセントリックなシーンばかりの予告編が良くない。実際に見ると印象が全然違った。
浦東 → 羽田
o

oの感想・評価

-
篠原涼子すごい
川栄かわええ

今後の技術に異議あり!と思いました

川栄かわええ
怒りとか乾きとか悪人とか沈黙とか暗〜い映画大好きな私なのですが、
なんだかとっても苦手な話です。

脳死した子供を電気反応で動かして生を実感するママ vs 脳死を死とみなしているピーポーのイデオロギーとイデオロギーのぶつかり合いです。

人は2度死ねるのでしょうか?
いつか、戻ってきてくれるかもしれないという淡い希望を持つのは"気持ち悪い"事なのでしょうか。

なお、脳死になった時に本人の意志表示がない場合、親族が決めることになっているようです。ドナー提供をする場合のみ脳死判定を行い、しない場合は延命治療の継続か否かを親族が選択するようです。
わたしはそんな選択を親族にさせないために、ドナー提供をする意志表示をあらかじめしようと思いました。
moto

motoの感想・評価

3.1
うーん、救いが無い。
東野圭吾が時折見せる暗さ。
登場人物、全員が不幸。
(ダラス→成田で視聴)
中々深いテーマだった。篠原涼子の演技は素晴らしい。
Mako

Makoの感想・評価

3.9
辛すぎる。
めっちゃ考える作品だった。脳死の人間は死んでないけど生きてもない、、、生きてるのかもしれないけど、動けない目を開けない意思がない。

そんな娘を育て続ける母親の狂っても見える愛。でも簡単に殺せもしない。
本当に辛かった。
おばあちゃんのせいじゃないからね、、、
はるか

はるかの感想・評価

3.9
すごく考えさせられる作品だった。
ここまで脳死状態の子どもを懸命に育て上げる様子を描いたものをみるのは初めてだった。
まさに人間そっくりの人形のような子ども
を機械のように動かしていくことにだんだんと生まれてくる違和感や不気味さ。
母親の自己満?って最初思ったけど、なんか違うような気がして…人の死は何を持ってなされるのか、誰が決めるのか。狂気的にみえる母親にもどこか共感できる部分があって、実際に親の気持ちが分からないから難しいけど、何が正解って無いんだろうな。

しかし、重たかった。
あん

あんの感想・評価

4.5
理解されなくても狂ってでも守りたいものがあるから。
家族の形とか科学の領域とか愛情のあり方とか善悪とか
ああやっぱり東野圭吾作品だな、堤監督作品だなって
>|