人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

臓器を待ってる人は世界中にいる。もし、脳死してても心臓が動いてれば生きてるというならば、移植しても生きてることになるじゃんか。って思うけど、そんな単純にはいかないよね。
何が正しいかなんてわかんない。本人は嬉しいのか苦しいのかもわからない。ただ確かに、機械で体や顔が動くのは怖かった。もう人間じゃなくて、人形になっちゃったんだって思った。何をもって死とするか。脳死とか心臓死とか関係なく、意思を持てず他人に操られてしまったら、もう人として死んでいるんじゃないかな。人形として生きる覚悟があるならばいいのだけど。
chikakko

chikakkoの感想・評価

3.5
何をもって生きていると言えるのか。
何をもってその人の尊厳は守られていると言えるのか。ずっと考え続けられる問題。

不穏なんだけど美しいような旋律の音楽、特に雨のシーンがとても良かった。
篠原涼子の演技は、歪んだ、狂ったような描写を見せていたけど、そうは言えないなと最後まで見たら思った。
家がとにかく美しくて羨ましい。
e

eの感想・評価

3.9
演技力。特に子供たちがすごい。篠原涼子が合ってた。
okkuun

okkuunの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます



娘の「脳死」という事実を受け止めきれず、延命という選択をしたこと。

少しでも希望を持ちたくて、新しい技術に頼り、その欲望がエスカレートしてしまったこと。

娘の意思を顧みず、包丁を突き付けたこと。

全て責めることはできない。

周囲の人が、
初めは生きて欲しいから延命に協力的でも
時間が経つにつれ静かに死を受け入れはじめているのも印象的だった。

人魚が眠っていた家は
最後なくなっていましたね
あと雨が多いなと思った
ぺぺ

ぺぺの感想・評価

3.2
脳死とは、生きるとは。
原作の暗い雰囲気をしっかり映像化されている。

ブログで感想書いてます。

https://pepe2blog.com/eiga_ninngyononemuruie
Dee

Deeの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

テーマを持ち帰れればいい、という類の映画だと思うので、そういう意味ではもちろん成功しています。しかし、原作があるのでややもったいない映画であったとも言えるような・・。

・坂口君の役の行動原理が今ひとつ分からず
・お金と手段があるなら、やはり脳死は選べないだろうなと、個人的には思いました。そういう意味では、特段狂気とは思いませんでした
・なお、遺族に選択させるのは余りに過酷なので、個人的には欧米型の脳死判定がいいと思っています。

個人的に持ち帰って考えたのは、最後に突然の告白を始めた女の子と、辛かったのねと抱きしめる山口沙耶香のシーンで、自分だったら一体どうしてくれてしまうかしら、と。多分結局許せないだろなと、思うのですが。
arina

arinaの感想・評価

3.7
良い。死とはなんだろうって考えさせられた。登場人物全員がこれでいいのかって迷いながら、信じる様子が描いてあって、実際どちらを選択するにしても大きな愛でしかないし、不正解はない。音楽も映像もとっても綺麗だったからこそ、篠原涼子の壊れていく様子が強調されていて、そして綺麗だった!
jyave

jyaveの感想・評価

3.7
劇場公開日:2018/11/16
キャッチコピー:
答えて下さい。
娘を殺したのは、私でしょうか。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

3.0
面白いんだけどきつかった
>|