人魚の眠る家の作品情報・感想・評価

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

ももも

もももの感想・評価

3.8
むっちゃ難しい
SHUMA

SHUMAの感想・評価

3.4
途中気が狂いそうになる。
nogeusagi

nogeusagiの感想・評価

4.0
東野圭吾の作品という事と脳死という重いテーマが題材と聞いて鑑賞。

明らかに冒頭から描写が猟奇的で、綺麗過ぎる瑞樹ちゃんの描写がとても印象的。

篠原涼子の歪な愛を捧ぐ母親という演技と西島秀俊の父性の欠けた父親の演技は素晴らしかった。何より瑞樹ちゃん役の稲垣くるみちゃんの透明感と演技力の高さに驚愕。感情的に移入し過ぎて嗚咽が出る程大号泣。


意識不明の患者が幼い場合、両親の同意を得る事で意識不明から医学的に死と判断される脳死と診断することができるというポイントがこの映画の肝。
プールの事故がきっかけに意識不明の瑞樹ちゃん。事故の後も心臓は動き、生きようとする姿に希望を捨てきれない両親の葛藤と、何をもって死とし、終わりとするのかという思想の意味、ただ意識不明の瑞樹ちゃんは眠り続けるという物語。

最初からから最後まで心優しい人魚の眠る家だったんだなぁ、と。
とても心温まる作品でした。
ERI

ERIの感想・評価

3.8
こんなに最初から最後まで泣き続けた映画はないかもしれない!

一人一人の立場、考え方から、その時の気持ちを考えてしまう…
特に、母親と弟の気持ちやその変化に、涙が止まらなかった。
めっちゃ良かった。
子役の演技が素晴らしい………泣いた
それぞれの人間の中の思考やエゴや葛藤が、手に取るように分かる仕様。
「そうだよな…」「わかるわかる…」「でもなあ…」と、どんどん話にハマっていく。もれなく鑑賞後は「自分ならこうする」的思考に陥る。
本当にいい映画。グッときた。
子どもの涙に弱い〜〜〜〜🤔🤔
Y

Yの感想・評価

-
現代社会における問題を反映しており、技術の進歩と共に人が直面する可能性さらにが増えるであろう状態を表している。
「脳の死か、心臓の死か」というのは非常にわかりやすかったが、家族を目の前にして死に方を選ぶなんてことはとてもできない。
しかし、法律で一律に決めてしまっていいものかとも考えさせられた。

演技の面では、母親として子供のことを考えるあまり行き過ぎた行動をしてしまう点など、うまく表現されていたと感じる。
mmmmm

mmmmmの感想・評価

4.0
こちらも感想書いてなかったー!

最近の「としまえん」の事件もありましたけど、まぁ残された人間は後悔だらけで本当に心が締め付けられる。

なかなかの怪演ホラーでしたが、現代医療が発達してくると神の領域ってものがいろいろと問題になってくるんでしょうね。
COZY922

COZY922の感想・評価

3.8
後日レビュー
saeco

saecoの感想・評価

3.7
重たい題材だ。
仕事柄目の前でこういう状態を目の当たりにしてるからな。
にしても東野圭吾、すごいな。
Fuzuki

Fuzukiの感想・評価

3.6
ただの感動系お涙頂戴映画として片付けてはいけない重いテーマ。
人間として共感できて心を締め付けられる描写と、ちょっとずつ常軌を逸して気味の悪さを感じさせる部分の描写の使い分けがすごくいい塩梅だった。
ちゃんと原作も読みたい。
>|