人魚の眠る家の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

-
人の死についてすごく考えさせられる作品。
誰も悪くないのが本当に辛い。

客観的に見たらおかしいことに気づくけど、自分が母親だったらそうなってしまうのかなあ。
警察呼んでいろいろやるシーンは、どうしようもなく胸が苦しかった、、、

TWO WEEKSのはなちゃん役の子とあな番の聡一くん役の子が出ててびっくり。
将来有望な子たちなんだろうな☺️

絢香の歌で泣ける。
くま

くまの感想・評価

3.7
みたよ
2019フライトにて視聴
人の死について考えさせられる作品。原作も読みました。
torizo

torizoの感想・評価

4.0
想像以上に社会へのメッセージ性が強くて面白かった。
実際に当事者となったら、これ辛いです。生きてるって思いたいし、いつか目を開けてくれるんじゃないかって期待したい。
医学的な死、生命としての死、法的な死、社会的な死、様々な観点とその境を真剣に考えさせられました。
8shero

8sheroの感想・評価

3.0
自分の子供がもし事故で脳死になったら…
日本では心臓死をもって死と判定する為、
延命措置をし続けるか、脳死判定を受けて、
死を確定させるか…

非常に難しい問題で、自分の立場に置き換えて考えてみても
劇中の言葉通り「仮定ではわからない」

とにかくおばあちゃん含め、
長男のメンタルもそうだし、
妹の娘のメンタルもそうだし、
みんなが辛すぎる。

篠原涼子の気持ちも痛いほどわかるし、
諦められないよなぁ…
本当に辛い。

自分だったらどうするのかなぁー
つつみ

つつみの感想・評価

3.9
とても辛い…
えりか

えりかの感想・評価

3.5
脳死判定は、受け入れられないだろうなって家族だったら尚更、頭では分かろうとしても生きてるって信じたくなっちゃう。
篠原涼子の気持ちがとても伝わってきた。

親じゃないけど🥺
mk

mkの感想・評価

4.5
脳死判定を巡る物語。脳が死んでいれば、死亡といってもいいんだろうけど、人間の感情はそんな簡単なもんじゃない。
色々と考えさせられました。大満足です。
>|