人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

TaiSef

TaiSefの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

東野圭吾原作

脳死と心臓死どちらをもって死とするか、、それが子供だとなお難しい


エゴとエゴとエゴとエゴみたいな争いの中で、みんな折り合いをつける瞬間がないといけないんだけど、この映画ではそれが最後まで訪れない。
むしろ訪れきってない感じがする


篠原涼子演じる母親がおかしくなり、奇行に走ったことによって、その迫力で様々な人間が折れて決着がついたような、、
全員がスッキリさせたようで無理している決着の付け方だったようだった

けど、そうでもしないとこの突然訪れる愛する者の死を受け入れることはできないのかもしれない。
ましてや、死んでるのか生きているのかの判断が明確にされていない"生きている死体"に対しては尚更。


表情を動かし始めてからの狂気感はすごかった

坂口健太郎演じる男性の立場が曖昧で、最後とかどういう気持ちで終わらせたのだろうか、、
踏み込んでは行けない領域の区別がついていればいいね
フ

フの感想・評価

3.5
篠原涼子の泣く演技が昔から好きだけどこの作品もよかった
な

なの感想・評価

3.8
脳死
Yugo

Yugoの感想・評価

4.1
記録。
うん。泣けた笑
hisaki

hisakiの感想・評価

4.0
登場人物皆、演技がすごいです...!
怒り狂うシーン泣くシーン、1つ1つの表情がすごいです。

まず前提に、子育てするにあたって
金銭的な余裕といつでも駆けつけられる距離に親族がいる
これだけで選択肢は広がるなと...
途中で目を覚ます瞬間は訪れるから、自分が思うように信じたいものを信じればいいんだと思った。

脳死と心臓死、どちらをもって死と受け入れるか...
わたしは親族の死を受け入れた時は、
病院で目の前で心臓が止まった時でした。それまでは心のどこかで治らない病気だったけど、もしかしたら回復するかもしれないと信じていました。信じていたかった...が正しいかな。

心臓が動いてるのに、目の前で息をしていて眠っているようなのに、、難しい問題ですよね。
amickey

amickeyの感想・評価

4.5
記録用

あんなにも
母は
狂気になるのか

私なら
どうだろう…

割りに簡単に諦めるかも知れない

篠原涼子さんの演技に
圧巻でした
saya

sayaの感想・評価

4.8
深い愛の話だった。人の死ってなんだろう。

2021年/48本目
yumi

yumiの感想・評価

3.8
非常に難しい問題。当事者家族になってみないと、到底わからない。篠原涼子の迫真の演技凄かった。でもそう言う事だよな、と妙に納得。
あゆあ

あゆあの感想・評価

3.7
東野圭吾原作。

プールで溺れた娘が意識不明になり『脳死』と告げられる。
臓器提供をするか、このまま死を待つかの選択を迫られる両親。

『脳死』という重いテーマだけに、気になっていたが絶対に泣くやつ!と思い見なかった。
結果、頭が痛くなるぐらいやっぱり泣いた😭

もしも我が子が⁉︎と考えると、同じ母親として、篠原涼子演じる母親の気持ちが痛いほどよくわかりしんどくなった。

脳死=死として受け入れられるか?
人の命が助かるなら、娘の臓器提供出来ますか?
親だったらなかなかそんなことできないよね。
どんな状態でも生きてるんだもん。

小さい子供がいる親には、とくに刺さる作品だと思います。

子役の演技もすごかった‼︎
>|

あなたにおすすめの記事