人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

JOE

JOEの感想・評価

-
脳死という難しいテーマを扱った作品
小さな子供を遊ばせる時には目を離さず気をつけてあげてなきゃダメですよという話
ラストで外へ出て向かうシーンは蛇足な気がしたかな
子供をまだ持ったことがないので、自分の両親だったら、と考えた時に私も同じことをすると思いました。脳死だからといって簡単に手放すことはできないです。
ほこり

ほこりの感想・評価

4.4
安易なことは言えず、この映画を語れるような語彙力も持ち合わせていないので感想を書けない。
最初から最後までひたすら辛い
m

mの感想・評価

3.6
大前提で、すごく考えさせられるし誰にでもあり得るからみていてすごく辛かった
でも、、、泣かせよう感が強すぎる演出とか意味わからん流れのせいでしらけた
母親が暴走してるみたいなシーン、周りの反応わざとらしい。あんなあからさまにやな顔する?子供は正直だし弟はたしかに可哀想
ほんで、子どもがありがとうっていうシーン、あれが最高にしらけた。夢の中の出来事が理由でそれが命日になんの?あんなに死んでない!!って騒ぎまくってたのに?
あと、坂口健太郎カップルについてもなんだかなあってかんじ笑
すごくいい題材だし子役と篠原涼子の演技に感動したからこそ残念すぎた
だけども、生きてるってことを周りに押し付けるんは違う気がするんよなあ、、旦那が言ってた、夫婦ふたりがわかってればいいってそれは共感した。周りがどう思うかは申し訳ないけど変えるのは難しいよ。
まあわたしがまだ母親なったことないからなのかもしれんけどね

このレビューはネタバレを含みます

やはり原作のコンセプトが素晴らしいのだろう。
手を動かし、笑顔を作り出す瞬間の底知れぬ闇はきっと家族よりもっと上の構造の問題を見据えている。

演出も上手くできていて自然に涙が浮かぶ。
音楽自体も良かった。

だがこれは個人的問題として美談にしたくない。大人のエゴに振り回された子供たちがあまりに憐れである。子供というのは自分が悪いということは思っていても、周りの異常さに対して無邪気過ぎるものだから。
将来それに気づく時まで時間は止まってしまう。
G行為

G行為の感想・評価

3.5
ひたすら重くて鬱映画ともまた違う落ち方をさせられますね。

電気で動かせて希望があるような空気になりましたが、バチバチいう音が痛々しくもあり。。
途中、母親の狂気じみたホラーのような演出もあったりして、そこは息苦しさからちょっと解放されましたがw

まぁでも、何が正しいかなんて当事者になってみない事には判断つかない話ですよね。
"正しい"とか"誤り"という表現すら適切ではなくて、実際はそうなった時に気の済むような選択をするだけなんだとは思います。

この母親の場合は夢に出てきたのが切っ掛けでしたけど、紆余曲折を経て1年かかって受け入れたんだなと。

臓器提供カード作っとくか。。
knk

knkの感想・評価

3.6
人の死を受け入れるのは難しい。
たとえ老衰だとしても、その人への愛情が深ければ深いほど現実を受け止められるまで時間を要する。
それが脳死であれば尚のこと。
息をしている、体も動く、そんな人を前に脳死と言われて、はいそうですかと受け止められる人なんてほぼいないだろう。
この映画は誰に対してもリアルで、自分が脳死と宣告を受けた場合、家族が受けた場合、知り合いが受けた場合、どんな時でも起こりうる決して空想の出来事ではないことであろう。いろいろな立場で考えるきっかけになる映画だと思った。
りさ

りさの感想・評価

3.9
私は小さい娘がいる母親だ。
途中ホラーみたいに描かれてたけど、
私は体を無理に動かしてるとは思わないし、母親が異常だとは思わなかった。
顔を無理矢理笑わせるのも、どんなことがキッカケでみずほちゃんが回復するか分からないのに。私なら周りが無意味と言われることでも何でもしたいと思う。
脳死が死だとも思わない。
だから入学式に連れて行って気持ち悪いとかいう周りはおかしいと思う。
毎日お散歩行くのだって普通だと思った。
旦那の言い分はずっとおかしかった。
まず脳死してたとしても綺麗な娘の体にメスを入れるなんて考えられない。
誕生日会でいくとに怒るお母さんの気持ちがわかりすぎて泣ける。
どうしてみずほちゃんが生きてると思えないの。
私は娘が同じ状況になったら絶対に諦めない。私は絶対に娘の臓器移植はしない。
最後にみずほちゃんが現れた時はほんとに泣いたよ…
ハコ

ハコの感想・評価

-
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
母親 、父親 、弟 、祖母 、若葉ちゃん ..
どの立場でもツラく、苦しい 。
他人から見たら狂気的に
見えるかもしれないけれど 、
自分の娘だったら ... と思うと
私も同じことをしてしまうかもしれない
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
り

りの感想・評価

3.8
親の愛が狂気じみて感じるけど、本当に愛してるからこそそうなってくのかと思う映画。
倫理観も問われるなと思った。