人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

あすか

あすかの感想・評価

2.8
死が自分が思ってる以上に難しいのを知った
選択はそれ以上に難しいよね、
そら

そらの感想・評価

3.5
どんどんサイコパスになっていく主人公。死とは?と深く考えさせてくれる。
あや

あやの感想・評価

3.7
誰も悪くないのに全員自分を責めてしまう
見てて悲しい気持ちになってしまう。。

子役の子が可愛すぎてなおさら辛い。

川栄さん以外全員に感情移入できた
ぐま

ぐまの感想・評価

3.5
途中まで割と好きだったんだけど、みんなが急に母親に同意して生きてるって言い出したあたりからついていけなくなってしまった。私の理解力と共感力と考察力が低いためでしょう。しっかり見てたわけではないので。
Nyaoki

Nyaokiの感想・評価

3.1
死とは何か、その答えに正解はない。自分に置き換えた時、後悔のない判断ができろのだろうか。
otteru

otteruの感想・評価

3.6
人は何を持って「死」とするのか。限られた家族にしか選択することの出来ない延命措置。身体は成長しても意識が戻ることはない。生きて欲しいという願いが狂気に変わる。
夢の中に出てくる少女の台詞が全てを司ってしまいそうだけれど、泣ける映画にもなるしサスペンスにもなるし社会派にもなる。物語の軸をどこに置くかによって、受け手の印象が変わる作品なんだろうな。
layla

laylaの感想・評価

3.8
死の境が曖昧な為に何年も眠り続ける娘、切ないテーマの上に母親の狂気がちらついて予想以上にハラハラした。おもしろかった。
YUJI

YUJIの感想・評価

4.0
原作では医療問題に焦点が当たってしまうが、実写になって人間ドラマが可視化された。篠原涼子さんの演技が素晴らしい。
うすけ

うすけの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

人の死とは何なのか考えさせられる映画でした
脳死は心臓自体は動いているの
で、生きている事にもできるが実際目を覚ますことは奇跡を信じるしかなく…
ただ親としては奇跡があるのならば信じてあげたい
信じ続ける母親は希望を捨てず頑張りますが最後は気が狂ってしまい遂には娘を殺そうとする。周りがもうすでに死んでいるという事に対して
「私が包丁で刺したとしても死んでいるのだから殺人にはなりませんよね」と言う。
本当に考えさせられました。何をもって死というのか。
他人の立場だと延命治療は辛くなるだけだしと言ってしまうところですが
いざ、自分の子どもがそういう立場になったとすれば果たして自分自身どうするのか。
まひろ

まひろの感想・評価

4.0
自分が脳死になったら、それは死と同等の扱いで構わない。
でも自分の子供だったらどうか。
まだ暖かい子供を、死と同じとして諦め切れるだろうか。

考えても答えは出ない。
そんな事を延々とループしてしまう内容。

最先端技術で人形のように動き出した娘を見たら、リハビリの一環だと言われれば疑う余地もない。
どこからが狂気で、どこまでが常識なのかなんて分からない。
全ては愛しているからこそ。

自分なら色々無理(涙)
おばあちゃんの言葉が1番突き刺さる。
辛いけど、たくさんの人に観て、考えて欲しい。