人魚の眠る家の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

リナ

リナの感想・評価

4.5
さすが東野圭吾作品。 キャストもハマっていた! 母は強い。誰にとって生きているのか死んでいるのか。
難しいテーマだった。
コウノドリのときも
脳死がテーマのとき鬼のように泣いた。
自分の身に置き換えて考えると恐ろしすぎるよなあ~

映画見終わって鏡見たらファンデの上に白い線がついてるくらいには泣いてた……

篠原涼子はもちろん子役の演技がうますぎ

あ、全然関係ないけど子どもがリビングで勉強してたのがうんこドリルだったw

このレビューはネタバレを含みます

えっまあ、すじは面白いと思いましたがカメラこれでいいの?とずっと思って見てて、監督この人で、えっ?となりました。もっと面白い映像をとると思ってたので…。人間がずっと映り続けてるなー、みたいな…のを。


原作が小説、のうえに未読なので筋に関して語るのはどうかと思うのですけど、あの娘がお別れを言うシーンは私の脳内倫理を超えたので、どうかと…。いろいろ…。
娘が目をさましたら(それが夢幻の類でも)、現実の、に対して、すこし、いやかなり、厳しいので…。(ドナーを待つのはやめようと言ったシーンは良かった)

星2くらいにしたいですが、どう、どうしよう、ということで何もつけないでおきます
はち

はちの感想・評価

3.5
死の捉え方を、考えさせられる映画。
篠原涼子さんが鬱過ぎてひたすら辛かった。
泣きすぎてパーカーの袖がびしょ濡れなった
もう辛くて苦しくて
自分がその選択を迫られたらどうするか
すごく考えさせられる
でも最後はすっきり。
Yui

Yuiの感想・評価

3.0
期待値が高すぎたかも。期待せずに見たらもっと感動したかな。
子供がいる人といない人でも感じ方が変わる作品だと思う。
私に子供がいたら、恐らく号泣でしょう。
akemi

akemiの感想・評価

3.9
脳死という医学的な死
心臓死という法律的な死
どっちが人の死なのか

脳死状態の娘を科学技術で生かし続けるのは親のエゴか

母の愛が狂気に変わり「ホラー映画だったっけ❓」と一瞬戸惑う

冒頭の男の子や可愛い指輪とか
伏線が回収されてスッキリ

子供が棺に入ってお花に囲まれているシーンには堪えきれず涙涙涙

篠原涼子、子役の演技が素晴らしい

などなど見応えあり

観終わった後
自分の大事な家族が突然脳死状態になった時
臓器提供など冷静な判断が出来るか考えた
医療従事者のはしくれとして、臓器提供の必要性は分かっているけど…自問自答しても答えは出ないーー
ネネ

ネネの感想・評価

-
予告で想像してた通りの展開でビックリしたが、それよりも考えさせられるお話だった、臓器移植とか尊厳死とか安楽死とか自殺幇助とか、死に関することはたくさん授業でも議題に挙げられてきたが難しくてな〜( •︠ˍ•︡ )
まあ流石原作東野圭吾好きです( ◜ω◝ )
ともも

とももの感想・評価

3.8
ただただ胸が苦しい。
重たすぎる。
誰も悪くないし、みんなに共感できる。
わかばちゃんも辛かったろうなぁ。
子役も含めみんな演技がうまい。
特に篠原涼子。

しかし、立派な家だ。
経済力があったからこそ成り立った話でもあるかな。
KENTADOMAE

KENTADOMAEの感想・評価

3.9
恐ろしくも悲しい物語だった。

脳死は生きているのか、死んでいるのか。
赤の他人から見れば死んでおるように見えるし
家族や仲の良い人から見ればまだ生きているともとれる。
その判定の曖昧さからうまれたミステリー。

何が正しくて正解かは分からないけど
終わるときに自然と涙が出た。