人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

母の気持ちを考えると泣いてしまう
祖母の気持ちを考えると泣いてしまう
父の気持ちを考えると泣いてしまう
弟の気持ちを考えると泣いてしまう
つまり考えさせられるし泣いてしまう


最後の最後まで心をえぐりきってくれ
yum

yumの感想・評価

3.8
脳死という難しい題材の秀作。
化学と人間の想いとの落差の現実も描かれる。

各登場人物が細やかに描かれて、それぞれの感情がとても良く伝わってくるいい映画だった。しかしそれよりも、ふとした拍子に自分にも降りかかるかもということを考えずに観るのが不可能な程のリアルさを感じた。
生きているということとは、死と隣り合わせだと改めて思わされた。
自分が脳死したら。周りはどうなる?家族に不幸があったら?
そこに出てきた心臓死という言葉。人形のような状態では生きてると言うのが難しい。
選択肢は重かった。
nao

naoの感想・評価

4.2
宣伝でのCMから面白そうな映画だなと思い鑑賞。

序盤から泣かされました。
脳死とゆう診断で、周りの人達の感情やお母さんの気持ちを
感情移入してしまうほど
目が離せない作品でした。
hikaru

hikaruの感想・評価

4.5


大好きな東野圭吾作品。
ずっと前から観たいと思ってたけど遅くなったー。

どうしても心が動かされてしまう。
劇場で観たかったな。

東野圭吾作品は、観てる間は少し苦しいけど、その分やっぱり毎度満足度が高い。



【出演者について】

篠原さんは娘が脳死判定された母親という役所で、どこか不気味でもはや半分死んでるような節目がちな演技がとても良かった。声を荒げたり、激しい演技なんかも篠原さんだから成り立っていたと思う。本当にかっこいい。

篠崎さん、西島さんとか個人的に好き&好きでしかない。てゆうかアンフェアやん。好きに決まってる。

まぁ二人はもとより、鍵になってくるのが子役。瑞穂の兄、いくとと、いとこのとわかば役の子役が演技うますぎて。。

私涙脆い方ではないけど、流石にあのわかばのカミングアウトといくとのあのシーンはかなり泣いた。。あれはだめよー、、多分誰でも泣く。。


あと若手。坂口健太郎、川栄さんもいい味出してたなぁ。2人はあのあと無事結婚しててほしいな。


【ストーリーについて】

前半で子供たちを中心とした小さな伏線がいくつか張られていて、それが後半で拾われてスッキリ片付けられていくのも後味もいい。
さすが東野圭吾。


最後の方まで全体的に本当に「不気味」を極めていて、割と気持ちが悪い。

でも最後の瑞穂とお別れするシーンでは淡い光が当たる、お花がたくさんある場所で、途中までとはすごくわかりやすく対照的に描かれていたなぁという印象。

瑞穂とはお別れはするけど、これから家族が、みんながやっと前を向いて進んでいけるという明るい未来が描かれていた。

時間が経たないと言えないこと、時間が経たないと受け入れられないことって多分世の中にたくさん溢れてる。

物事を「時間が解決する」というのは事実。
辛い時間はいつかは終わるんだって。

悲しい話ではあるんだけど、ある意味とてもポジティブなメッセージをくれた作品でした。
それぞれの想いが交錯して、最後泣けました。とても心情が良く描かれていたと思います。
Hitomi

Hitomiの感想・評価

3.5

結果どういう選択をするのか気になって鑑賞。

篠原涼子の演技ちゃんと観たの初めてな気がするけど、安定感のあるいい女優さんですね。
それがベストっていう終わり方だった。
明日美

明日美の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

そういうことかって何度も繋がりが見つかる映画。涙がとまらなかった。
人の死とはどこからか。生きているとは何か。
実際にそれが身近で起こらないと考えもしないようなことを考えさせてくれた。科学者の丹念にも感銘。篠原涼子が好きです。
saki

sakiの感想・評価

3.5
人の死とは、心臓が止まることなのか、脳死なのか...。心臓が止まり体が冷たくなることとは違い、脳死という状態は普通に見ているだけでは分からず眠っているのと同じ。だから「死」として受け入れることはとても難しいだろうと思いました。僅かな希望を支えに、どんどんエスカレートする母親の姿と、周囲との温度差に胸が締め付けられるような思いでした。また、機械で体を動かすことと表情を作ることの違いについても、表情は本人の意思があってこその、人間にしかできない特別なものなのだと改めて感じました。家族や周囲に委ねられる死には、辛さしかありません。
erinko122

erinko122の感想・評価

3.5
母親としての目線で観ていたらおかしいと周りが思うまで自然な流れで、考えさせられた。母親だけでなく、兄弟やいとこ、おばあちゃんや叔母さん、家族それぞれの立場で苦しんでいて辛かった。自分だったらどうしたかな…と命について考えさせられた。