人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

r

rの感想・評価

3.7
原作未読。
脳死と真正面に向かい合った作品。

タイトルが物語っていてこのタイトルを付けた東野圭吾って本当に凄いなって思います。
東野圭吾が原作の作品は素晴らしいものが本当に多いですね。
なお

なおの感想・評価

3.9
めちゃくちゃしんどい。何をもって人の死とするかを問われた。
延命措置で無理矢理笑わされてる時、人間としての尊厳が無くなったと感じた。。
最後、あ、そういう終わり方?!と思ったら違ったので良かったです。
まず普通に
泣けるやんクソが。
たしかに考えさせられるけど
自分の中での答えはある。
深くて難しい映画でした。
心苦しくなる映画でした。
asehoi

asehoiの感想・評価

3.9
視聴者の感情を東野圭吾に揺さぶられ続ける。

幸福→不幸→希望→狂気→幸福

後半の展開は唸るものがあった。

さすがです。
KaaNaa

KaaNaaの感想・評価

3.5
どこからを人の"死"と捉えるのか…。どう"死"を受け入れるか。
さね

さねの感想・評価

4.4
脳死した娘の母親の話
死とは脳死を指すのか、心臓が完全に止まったことを指すのか
よく言われる議題で“正解“の出ないテーマではあるけど、そのことについて深く考えさせられる作品でそれだけで見る価値は十分あった

結局どの結末にしても「親のエゴ」という言葉を使えばそれで済むけど、その結末に至るまでに子供のことを考えて、思い出に浸って、そこには理想とかも混ざりながらも導く答えが優しくて、温かくて“幸せ“なんだろうなと思った
いぬ

いぬの感想・評価

3.5
テーマが重々。
臓器移植がテーマのものを観るのはドラマのSummer Snow以来かも。Summer Snowは出演者もラスト以外も大好きだけど、ラストの後味が悪いトラウマドラマになってる💀人の生死を扱うものはどうしても難しい。

薫子さん、途中からどんどん狂ってくるけど、そういう選択肢があるならすがりたくもなるのもわかる。どんなに辛くても、本人にとっても周りの人にとっても自然な死が一番なのかもしれない…。
薫子さんが「第二の父」研究者さんが「嫉妬」という言葉を発してちょっとイイ雰囲気だしてきた時はこの流れ要らんなと思ったり。

子役の名演技が涙を誘う🥺そしてみんなかわいい。
HIDEKI

HIDEKIの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とても深くシリアスな話で見入ってしまいました。冒頭はなかなか入り込めなかったですが後半からは、母である篠原涼子さんの気持ちと父である西島秀俊さんの気持ち、両方わかるし、むしろ脳死状態でも生きていると信じていた篠原涼子さんをおかしい、やりすぎ、とまで思っていました。ですが最後にその行動はただ娘に生きて欲しい、目を覚まして欲しいただそれだけだったんだと気づいてから自分が周りの目を気にして娘を見ていなかったことに気づきました。生きていると思いたいし、生きているのだけれどやはり心では死んでいる。と思ってしまう自分。篠原涼子さんは生きていると心から信じていたのです。というかそう思いたかったんだと。心から。だから最後に娘にありがとうと言われたし、それが見れたのだと思いました。物事を見る時にやはり色々な視点から考えなければと、色々な人の気持ちを考えられる人間にならなければと思いました。
とても素敵な作品でした。
死とはなんなのか
脳死は死なのか、心臓が止まってなければ生きているのか
涙しながら考えたけどわからなかった
母親の、脳死の子供を死んでいるとは思いたくない気持ちと、周りがもう死んでいるんではないかと思う気持ち、どちらも間違っていないんだろうな
当事者でないからわからないけれど、ものすごく苦しかった

俳優陣の演技力がものすごい。
題材が題材なだけに演じるのも苦しかっただろうと思う。。。
八咫

八咫の感想・評価

3.0
ごめんなさい、私にはハマりませんでした。
ためになったことは
「脳死状態になっても、
脳死判定をしてから臓器提供ではなく
臓器提供の意思表示があると脳死になる
世界でも稀な考え方」
ということ。
川栄李奈の坂口健太郎の彼女役、いきなり飛躍して西島秀俊にツッコミに行くの痛々しかった。
坂口健太郎、正直そんなに上手くないだろうなと思ってたけど普通に上手かった。
母親(篠原涼子)が娘が死んでいるのか生きているのか警察に、司法に判断してもらうために刃物を振り回す展開はおーって思った。
たしかに坂口健太郎の技術で脳死状態の娘の表情筋まで動かすのはまあ一般的に見たら不気味なのかもしれないけど、そこまで不気味がること?自分の中でその不快な気持ちとは折り合いつけろよ大人なんだからって思っちゃった。脳死状態の娘を息子の入学式や外出先に連れてくのもまあ痛々しい母親あるあるではあるけどそこまで糾弾されることなのかなあ。
まあたしかにつらい出来事ではあるけど、なーんか深いようでそこへの納得力がなくてなーんかなーって感じで終わった。

脚本 3
美術 3
演技 3
演出 3
チープ感のなさ 3
満足度 3
その他(音楽、カメラワーク)