人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

mmm

mmmの感想・評価

-
ひとつの物語として見ていたけれど
こういう苦しみを抱えて生きている人が
世の中にはきっといて。

だから感想なんて言えないな
ハメス

ハメスの感想・評価

3.8
当事者にならないければ、わからない
この答えに正解も不正解もない
tiara

tiaraの感想・評価

4.5
ちょうど同じくらいの年の兄妹を持つ親として、涙なしに観れなかった…
前半から号泣で、ラストは涙腺崩壊でした。
薫子の気持ち、行動、全部共感できた。
私も、我が子が同じことになったらきっと同じことすると思う。
自己満足でもなんでも、周りの目なんて気にせず、ただひたすら、生きている人間として、育てていくと思う。
臓器提供なんてきっとできない涙

でもドナーを待つ子供たちも世の中にはたくさんいるんだよね。。
悲しみで途方に暮れながらも決意してくれた家族がいるから、ドナーを心待ちにしていた家族に幸せが訪れる。。
やるせない涙

子供たちの今ある笑顔を大切にしよう。。
久しぶりにこんな泣いたー😭
 人は何をもって「死」といえるのか。娘が脳死となり、究極の選択を迫られる中、悩み苦しんでいく非常に重い話となってます。
まずこの映画は、涙を誘うただの感動映画ではありません。娘の死を受け入れられず狂気じみていく母親と、もう死んでいると認識している周囲の人との間に生まれている違和感や不気味さが、何とも言えない後味の悪さを残します。けれど、ただ感動できるだけのテーマじゃないからこそ醸し出せる雰囲気なのかなと思います。途中、見ていて怖かったです。
「脳死が人の死なのか」という問題は科学や医学、法律、倫理など様々な分野から考えても、答えは一概に決めつけてはならないと思います。綺麗事で片付けてもならない。そのことをこの映画で感じました。
また、ラストの空き地シーンが気になりました。考察を調べたところ、臓器を抜かれたあとをイメージしているとか。なるほど、、何とも言えない感じです、、。でも見て本当に良かったです!
なっぱ

なっぱの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

苦しかった。自分が信じてるものを周りは認めてくれないけど信じきってるしそれをやめてしまったら全て終わってしまう。最後の夢でのさようならとありがとうがずっしりと重かった涙止まらなかった
るま

るまの感想・評価

3.6
おもしろかった!さすが東野圭吾!原作が気になる。
脳死について。勉強になったし、考えさせれた、、、
終盤のお母さんはさすがに異常、とはいえ、すべての登場人物の全ての思いや考えに間違ってるものはないんよな〜。やからむずかしいのである、答えはないね、、
Nao1996

Nao1996の感想・評価

3.6
映画の良し悪しより
物語の良し悪し

映像は夕日の使い方がとても上手
korin

korinの感想・評価

4.0
不穏な映画なんだろなと観たら、脳死の話だった。

ラストびっくりしたぁー。

東野圭吾なんだね。この人はほんと凄いな。

子供を持つ親はみんな観よ。
ハル

ハルの感想・評価

3.6
最初はお母さんを応援しながら見てて、でも少し引いて周りのお母さん目線になってて、後半から展開してやっと落ち着いたと思ったら、あの日の話からお母さんお父さんの気持ちがどんどん伝わってきて…。少し心残りなラストだったけど、正解不正解があるのなら正しかったと思う。ガンとかになって自分が苦しい思いをするよりも、脳死は周りが1番苦しいのかもなぁと思った。
nao

naoの感想・評価

3.9
脳死は死なのか、死じゃないのか
子供への愛情や同情といった観点で篠原涼子の目線で見ていた序盤から、気付けば周囲の冷ややかな目線側にたっている自分がいて驚いた