人魚の眠る家の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

ntk

ntkの感想・評価

1.4
重すぎてしんどかった🙂
西島さんの実家の囲炉裏設定がなぞにナチュラルで、え???って思ったのと、焼き鳥が長すぎなのが笑えた。絶対途中から飽きるし、山小屋仕様なサイズ!あと、エンドロールで家の敷地でか!とは思った。

あとはひたすらしんどい。笑
実話じゃないのに、なんでこの話を書いたんだろうなー、とか思うし、体力にダメージが無い映画が私は好きです。笑
Rie

Rieの感想・評価

3.8
クライマックスに向けて涙が止まらない
悲しいし、切ないし苦しい。
母、父、弟、祖母、いとこ、叔母どの視点からも感情移入してしまって考えさせられたし、感動でした。
HarunaKato

HarunaKatoの感想・評価

4.0
エンドレスに泣いてました!!

脳死か心臓死か、、、


日本では心臓死、、

医療に関係してるからこそ、悩む姿がすごくすごく胸に刺さる物語でした!
dramalapis

dramalapisの感想・評価

3.9
想像してたよりはるかに良かった!
東野圭吾だからミステリーかと思っていたら親子を描くヒューマンドラマで、人間とは何か、命とは何か、考えさせられた。

篠原涼子さすが…!!

映像もかっこいいなと思っていたら納得の堤監督。
suzuai

suzuaiの感想・評価

-
重いテーマだけれど丁寧に繊細に描かれていて、とても良かった。
以前見た「あさがくるまえに」は同じ脳死の話でも日本ベースではなかったので、国により命の定義が異なることにも驚きとすこしの疑問。
いずれにしても、わたし個人の意見としては、大切な人の生を願うことはエゴではないと思っています。
みなみ

みなみの感想・評価

4.2
冒頭からクライマックスに最後まで泣いた。
朝ドラのまんぷくも観てるけど、松坂慶子のおばあちゃんというかお母さんというか、溢れ出る温かい母性が大好き。
Kani

Kaniの感想・評価

3.5
天空の蜂に続く東野圭吾×堤幸彦。科学、医学、法律、人間の尊厳、そして家族。原作同様、深く・重く描いているけど、誰にでも響いて刺さるエンターテイメント。誰も悪くないし、誰もが正しい。
ダブルジョパディーみたいな展開になるかと思いきや。お金持ち同士の移植とか延命とかでした。
misaki

misakiの感想・評価

4.0
舞台挨拶に行ってきました!
初めて生の坂口健太郎みれてこの上ない幸せ!!!!

人の死はなにをもって死とするのか。脳死と判定された人を殺しても殺人に問われるのか。
生きていてほしい気持ちは誰しも同じなのにいつしかその感情が歪んでいって。
母親の行動がちゃんとある意味をもっての行動だったと知ったとき、
あと最初の男の子とか従姉妹の女の子とかいろんな伏線が最後に回収されたとき、
いままで散々泣いてたのに涙が溢れまくります。
涙なしではみれない映画でした。
あと、きっと科学が進歩したら確かに起こりうる問題だなとも思いました。
SD

SDの感想・評価

4.0

事故で脳死状態になってしまった娘を、臓器提供するか
そのまま延命処置をするかのお話。

登場人物全員の気持ちが
良く理解できます。
どれが正解かもわかりません。

特に泣ける要素はありませんでしたが、
おばあちゃんが脳死状態の孫に話しかけてるシーンがぐっと来ました。