地球へ

ドラゴンボール超 ブロリーの地球へのレビュー・感想・評価

4.2
ご存知超人気アニメの劇場版最新作、新たなる敵との戦いを描く

時間軸はテレビシリーズ「ドラゴンボール超」の続きだそうです。
今回は悟空やベジータのルーツである「サイヤ人」の物語でもある。
悟空、ベジータと因縁深いフリーザーも登場、そして題名にもある新たなる敵「ブロリー」を加えた四つ巴のバトルが始まります。
またまた毎回お馴染みの「宇宙最強決定戦」のバトル開始となります。

前々作の「ドラゴンボールZ 神と神」で悟空は「超サイヤ人ゴッド」へと覚醒、ただし悟空は初めて「宇宙最強決定戦」で敗北(映画版では)となる。
そして前作の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」では「超サイヤ人ゴット」を超えた次元へ進化して勝利を得るが、本作は敵(侵略者)と戦う構図です。

では「ドラゴンボール超 ブロリー」はどうなるのでしょうか?
劇場で確かめてください。

元々、『ドラゴンボール』はサイヤ人とドラゴンボールが出会ったことが全ての根幹にあり、どこまでも強くなりたいサイヤ人の魂がエンジンとなって物語が進んでいくように思います。
「ドラゴンボール超 ブロリー」でもその軸はブレていないと思いました。
さてさて今回は新たな次元へと進化できるのか、そして勝敗は・・・
そんなことを考えながら観ていました。

「ドラゴンボール超 ブロリー」では登場人物を絞り戦闘シーン(宇宙最強決定戦)は極限までぜい肉をそぎ落とした展開となっているが、同時にサイヤ人の物語が描かれています。
どこまでも強くなりたいサイヤ人がいる限り「ドラゴンボール」はまだまだ続くのでしょう、次回作もお楽しみです。


試写会(11月14日)にて日本武道館で鑑賞。
日本武道館での試写会は迫力のある映像(イベント)で楽しめました。