ドラゴンボール超 ブロリーの作品情報・感想・評価

「ドラゴンボール超 ブロリー」に投稿された感想・評価

さよ

さよの感想・評価

4.5
ワールドプレミア!行ってきました!

ネタバレ無し。

こんなシーン観たかったなぁって要素がつめつめなハイスピード戦闘シーンに、

漫画だけのニワカな私、ちびっこたちからコアなファンの方まで、ドラゴンボール好きが一丸となって笑って楽しめる演出だらけで、アニメの劇場版だとは思えないクオリティと面白さでした!

鳥山先生の絵がそのまんま動いてた。

また観たいかも。
観てよかった!

2019.2.24 追記
あれから3ヶ月。
完全にハマりこんでしまいました!
春休みの貴重な時間がDBに占領されやがった……くそったれ…………(お陰でストレスフリーに生きれてますありがとうございます)

アイデンティティ田島さんの感想を拝借しますが、
他DB劇場版は「DBだから」面白いと思える作品が多い中、今作は映画として、娯楽作として十分に満喫できる作品でした。
あのアクションシーンは何度も何度も観たくなる。もはや永遠に観ていたい。
水

水の感想・評価

4.0
ブロリー可愛い。
Tysuke

Tysukeの感想・評価

3.8
フリーザ様の扱い…

序盤は、惑星ベジータがフリーザに破壊されるまでの過程やサイヤ人がどう過ごしたかを描いており、なかなか興味深かった。

その後は、少しダレるものの、ブロリーとの戦闘シーンになると、ただただ圧倒的!とにかく「凄え凄え」という語彙力のない言葉の連発!

言葉が分からなくても理解できなくても、その熱量や迫力だけでも十分過ぎる伝わりまくる、それがドラゴンボールの素晴らしさ。これだけ全世界老若男女、共通して熱狂できる作品って貴重。だからこそ、今作のように単純明快で圧倒的に格好良い、ドラゴンボールはそれで良いし、それ以上を求める必要もないと思う!

それにしても、フリーザ様に対して、「ドラゴンボール超」から、かなり扱い方が酷い(笑)帝王感が無くなったなあ。今は今で嫌いではないけど。
POGI

POGIの感想・評価

3.7
頭使わんと観れるし戦闘シーンとかスカッとする

作画がめっちゃ綺麗なのに昔っぽくてどの層も楽しめそう

Z時代の劇場版はパラレルワールド扱いされてるらしいけどその設定知らんかったし、バーダック大好きな自分は原作とちょっと違ってて、ん?ってなりました
そういう一部の人に反感買う要素はありそう
go!ブロリー!go!go!
go!ブロリー!go!go!
が中毒性ありすぎる
作画よし!
音楽よし!
鳥山明らしいくだらなさもよし!

前半は惑星ベジータ消滅事件やバーダックの登場など、ドラゴンボールファンの心をくすぐりまくる展開。
後半はこの作品お馴染み、怒濤の超インフレバトル。
深いところを全く考えさせないという前半とのバランスの悪さも含め、これぞまさにドラゴンボール。

ベジータとラディッツの少年時代がキュート過ぎるのでそれだけで観る価値十分。
ドラゴンボール映画では久しぶりに熱くなれ、ファンとしては歓喜の一本です。
みー

みーの感想・評価

4.2
ドラゴンボールで久々に「映画!!!」って感じの良作でした!
後半、作画崩壊がかなり気になったけど
前半のベジータ戦はかなりかっこよかったです!!!
不動の人気のピッコロも登場してて個人的にはかなり上位に入る作品です。
久しぶりのドラゴンボール

ブロリーとは今まで何度も戦いましたが

今作のブロリーは全く別物として観た方がいいと思います

こんな優しいブロリー…何かキャラ変わってね?w

フュージョンしたゴジータブルーでやっとまともに戦えるほどの強さ

やっぱりブロリーはカカロットって呼んで欲しかったなぁ(´Д` )

ベジータのキャラは安定の崩壊キャラでした
>|