フッテージ~惨劇までの13日間~の作品情報・感想・評価

「フッテージ~惨劇までの13日間~」に投稿された感想・評価

むー

むーの感想・評価

-
つまらなかった。
「惨劇までの13日間」って書いてあるからどこからカウントダウン始まるんだろワクワクしながら見てたのに、見てたのに、終わってから考えても「惨劇どこ?」ってなったよね。
いや、ぽいとこはあったけど、大したことなかったかな。
それに黒い影出てきた時点で、あーつまらないやつだ、って確信。もっと、小屋の呪いの正体がじわじわ見えてくるものかと思ってたけどな、そこらへん後半全然触れなくてがっかりだよね。むしろ、「この小屋は呪われてる…」みたいな抽象的なことばっかりで煽るだけっていう。
そもそもずーっと続く喧嘩の内容がどうでもよすぎるし、男の人に対して「なんやこいつウゼェ」っていうのばっかり見させられて時間の無駄。
見なきゃよかった。
ファウンドフッテージ物(関係者全員死んで後から映像見つけました系)を撮影するモキュメンタリー。殺人事件のあった山小屋で撮影を開始するが、怪奇現象が起こり、そして遂に…って話

イーサン・ホーク出演のフッテージとは全く関係ないです(勝手に騙されました)。

ブレアウィッチと同じPOVで、退屈さまで同じでした。1時間くらいつまらない痴話喧嘩見せられてました。そこからの残り30分はやっと悪霊が姿を見せたり2画面分割をしたりして盛り上がりを見せますが、そこまで面白くもない。在り来りなストーリー見せられてもね〜見飽きたんですよ正直。グレイヴエンカウンターズくらいの新規性があればまだ楽しめるけど。色々と残念な映画でした。見ない方が良いでしょう。

(やっぱ受賞歴書く映画は漏れなくクソですね)
これはパッケージのイメージとは反比例で結構良かった。集中力と根気を必要とするので観る時期を選ぶ作品だが、この手の映画が多い事を考えても普通に面白かった。

またも低評価だけど、そこそこいいと思うがね。

だが方向性などで揉めに揉めるシーンが多く、映画作りや演劇界のダークさが見えていい気分のものではない時間も多い。映画作りを語り出す方が続出した某映画を思い出し、少し嫌な気持ちになったのも事実。裏側を見て感動する人も居れば、その仕掛けを知りたくない私のような人も一定数いるんだなぁと改めて思った。

強欲的で嫌な奴なデレク、
その妻であり女優のエイミー。

デレクは勿論最低、人としても男としても。そして馬鹿。だがエイミーもなかなかの強情っぱりで、プライド高いし ヒステリックで、悲鳴のシーンは怖過ぎて笑ってしまった。(巻き戻してもう一度観た。)

愛し合った時間はどこへやら…。憎しみあいいがみ合う二人と、巻き込まれていく撮影クルー達。撮影クルーそれぞれの集まっている動機や熱量に差はあるが、それぞれのひしめき合いを見ていても、映画を撮る事以外の雑念が多過ぎて、なんだか うわぁ…と思いながらも進む撮影。
(でも結構惹き込まれる)

途中、ホラー界の鬼才的な監督が登場してからはジェットコースター式に楽しくなったけど、最後の最後!ラストシーン…びびり過ぎて心臓が張り裂けるかと思った。

ちょっと過激になるシーンだけ、いきなりB級スプラッターみたいになるから半笑いしてしまったけど、なかなか脅かされましたよ。

果たして マークの物忘れは一体何だったのか?

エイミーの闇の部分を知っているのは、過去に愛し合ったデレクだけ。気になるセリフもあったけど、そこは解明されないままなんとなく悟って終わりました。

まぁありがちなんだけど…普通に面白かったです。真新しくはないけどね。

あのフッテージとは関係ないようなので、スッキリしました。
ちゃみ

ちゃみの感想・評価

1.0
途中で飽きてしまった…
おじさん達にセリフを頼むあたりです
もう少し見たら楽しかったのかな?
ソガ

ソガの感想・評価

3.0
「パーフェクト・リベンジ」がつまらなすぎたせいか普通に観れてしまった作品。

ファウンドフッテージ作品を撮るというファウンドフッテージ映画で発想は凄く良いと思いました。

撮影中の脚本に対するトラブルやいざこざなど「カメラを止めるな!」を観たあとだとなんだか納得してしまう。プロデューサーって本当に大事

終盤の2分割画面とか色々と面白い試みをしてたので、その辺は良かったと思います。メタメタな作品だったので逆にコメディホラーにすれば面白かったんじゃ…
その設定いるのか?と思わせつつも割と撮り方で揉めるッ!
鑑賞記録
sickboy

sickboyの感想・評価

2.7
ホラー映画撮影してたら本当に呪いの館だった話。

ファウンド・フッテージ物を撮影するファウンド・フッテージというメタホラー。中々面白い。中盤までは。中盤まではスタッフのイザコザとか見ながら途中で怪現象が起きたりでファウンド・フッテージのルールで撮影者全滅とか言ってるから結局全滅するんだろうなとか思いながら見てたら終盤は黒い影さんが大活躍で血塗れの惨劇へ!パラノーマルアクティビティもそうだけど、黒い影とか出されても怖くないのよね。パラノーマルみたいに出演者の1人が周りを殺していくのも食傷気味だし難しいジャンルよね。
Norway

Norwayの感想・評価

2.5
ファウンドフッテージ物でホラーというだけで、もう観ずにスコア2.5は、確定。
「これからのファウンドフッテージ物は、こうあるべきだ!」という演者の熱いシーンに始まり、そこからは 超ベタな展開の連続。メタをメタにすると、裏の裏が表みたいな構造になると気づいた。
もうこのジャンルに新しいアイディは、残されてないのか?

加点は、されず 2.5な一本。
>|