もー

1987、ある闘いの真実のもーのレビュー・感想・評価

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)
4.3
1987年に韓国で起きた民主化闘争の話。
事実を元にフィクションを入れた作品。

今回は若干長文となっています・・・。

とにかくキャストが豪華。良い役者さんが沢山出演しているし、当時を再現した制作陣も凄いと思う。(服の生地にもこだわったとか。)

この頃の韓国についての作品を鑑賞すると「30年前の事なんだ・・・」という感想が定型文になってるけど、何度鑑賞しても胸が締め付けられる。

各人物に焦点が当てられ、人物同士が繋がってなくても、1人1人が自分の範囲で正義や信念を貫き民主化へと繋がっていくのが印象的。
デモは自分が危険なだけでなく、家族が狙われたり苦しい思いもする。
しかし国民が家族というような意識の中で立ち上がって行ったんだと気づいた。(まさしく韓国の”우리 ウリ“)
1人の主役が勝ち取ったのでなく、全員で力を合わせて民主化へと繋げたのだ。

所長は確かに悪役だけど、過去を知ると所長もまた時代に翻弄された人に感じた。
前を/未来を向いて歩んでいくべきだし、未来は自分達次第で変えられる。しかしこれまでの行動が今に繋がった事も事実であり、忘れてはいけない気がする。人はそれぞれの時代を背負わされている事に気づかされた。

”靴”の描かれ方も印象的。
軍隊へ行った男性を待つ女性を意味するゴム靴という言葉があるように、韓国で靴は特別な意味があるのではないだろうか。

日本で韓国というと、日韓の歴史認識、あるいは音楽やファッションがよく話題になる。
しかし、自分もあまり詳しい訳では無いけれど、韓国本国で起きた民主化運動についてももっと多くの人に知ってほしい。
やはりこの時代の出来事が今の韓国の人々の土台となっていると思う。