のこ

ダリダ~あまい囁き~ののこのレビュー・感想・評価

ダリダ~あまい囁き~(2016年製作の映画)
4.0
ダリダの歌声とエキゾチックさに 彼女を知っていても知らなくても十分楽しめる 
2018年に生誕85周年を迎えたフランスを代表する女性歌手ダリダの生涯を描いた伝記ドラマ。

ダリダ役のスヴェヴァ・アルヴィティの美貌に惹きつけられ ラストまで目が離せなかった!

1933年にエジプトのカイロでイタリア系移民の家に生まれ
ミス・エジプト、56年に歌手としてデビュー。
それからわずか2カ月でゴールドディスクを受賞。
アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」や「18歳の彼」など、世界的なヒット曲も生み出した。(私 アランドロンの大ファンなので、彼女とドロンの噂は~彼女が言うように誤解とw)

国民的スターとして脚光を浴び 富と名声を手にし、幸福に包まれていたが その裏では愛に傷つき 恋人との切ない別れに、その都度 心はずたずたになっていく。

甘く 切なく~哀愁あるメロディー
幸福と絶望を情感溢れる歌に込めて
彼女のささやくような 大人の歌声が心に沁みる~

87年5月に「人生に耐えられない、許して」と書き残し、自ら54年の生涯を終えたダリダの生涯が終わるが

この作品を観た人の心にずっと彼女の歌声がいつまでも残っていくのではと 私としては感動のドキュメンタリー おススメです。

彼女の素敵な歌
Histoire d'un amour Je Suis Malade Pour en arriver là besame mucho 1979