iceblue

オンネリとアンネリのおうちのiceblueのレビュー・感想・評価

3.7
北欧の子供映画の良さは何といっても大らかさ。大人も子供も細かいところは気にしない。困った事があってもやれやれという感じで受け流す。いいんです、それで!少々の事は目をつぶろう!そういう寛容さが自立につながっている気がします。
主人公の二人の少女も、キュートなんだけどちょっぴりオバチャンみたいにたくましいところがあって微笑ましい。
 
可愛いおうちに子供二人で暮らすなんて、女の子なら誰しも想像を膨らませた事があるのでは?それはそれは夢のような暮らしなんです。
変わった隣人や泥棒騒ぎなど絵本のような愉快なお話。案外シビアな問題が見え隠れしてるところも北欧っぽいけど、カラフルでメルヘンチックな可愛さに癒されました。こっそり嗅ぎまわってたオンネリの弟の一大事も笑っちゃう。