桔梗F

赤い天使の桔梗Fのレビュー・感想・評価

赤い天使(1966年製作の映画)
4.2
満州の陸軍病院を舞台に、自分の愛を貫く看護士の姿を描く…

増村監督&若尾文子の戦争ヒロインドラマ(^o^)

若尾さんが従軍看護婦となり、さっそく病棟の夜間巡回。

さっそく傷病兵の患者たちにレイプされてしまう…(|| ゜Д゜)
なにこの看護師ものAV( ̄□ ̄;)!!
つかみはバッチリである!

簡単な展開は戦場の天使と軍医の恋を描いたメロドラマ。

だが、若尾演じる看護師に関わる男を全員地獄に突き落とす映画でもある( ̄□ ̄;)!!

エロスとグロもそれなりで、モノクロゆえにかえって手足切断や血糊が恐怖感を(|| ゜Д゜)
演出と音楽はもはやホラー(;つД`)

看護師ちゃんがレイプ魔の命を助けようとしたり、両手を失った兵士の性サービスまでしてあげたりといたせりつくせりのサービス( ;∀;)

復帰不能と言われたEDの軍医のチン子まで強烈な色気で治してしまうという…
しかも軍服コスプレイメクラサービス付き。

日中戦争を描いた名作には他に「鬼が来た!」などもあるが、こちらも名作(^o^)
日本よりフランスで評価されてるっぽいのでヘムタイ映画だとも言える…

汚腐乱酢ってエロヘムタイ映画好きだから…