紫

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイの紫のレビュー・感想・評価

4.0
一作目も良かったけど、今回の方がアレハンドロの哀愁というか人間味がより描かれていて良かったと思う。あいかわらず非情ではあるけれど。彼が扱うと、銃は本当に『道具』なんだなって言う感がある。銃と言う凶器に振り回されず、理性で扱ってる感じが。まぁでもあんだけ人殺していい理由にはならないし銃を持つことがかっこいいと思われてもいけないので、そういう意味でおとなが観るべき作品です。