レゴ(R)ムービー2の作品情報・感想・評価

「レゴ(R)ムービー2」に投稿された感想・評価

【ガチで遊べる話2】

『LEGOムービー2』観ました。

エンドロール命の映画
クレジット愛が爆発する映画。

本編?

えーーーっと.....

エンドロールが強烈すぎて忘れちゃった。
そんな感じ。

......本当の話だけどこれじゃあレビューにならないね(笑)

OK. じゃあもう一度だけ説明するね。

これは『LEGOムービー2』。前作『LEGOムービー』のたったひとつの続編だ。あとは知ってるでしょ? 主人公エメットはブロックシティを救い、ルーシーと恋に落ち、ポジティブに過ごし、そしてポジティブすぎるほどポジティブに過ごし、で、なんだかんだ時が過ぎ、宇宙へ飛び出していた。

ん、どこかで聞いたことがあるって?

『スパイダーマン:スパイダーバース』だね。
それもそのはず。
あの歴史に残る超傑作映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の製作コンビ:フィル・ロード&クリス・ミラーが本作でも製作を務めているんだ。

本編ではスパイダーバースネタが出てきたね。しかもしょっぱなから(笑)

『LEGOムービー』と同様、LEGOワールド版『レディ・プレイヤー1』の世界を受け継ぎ、いや、さらにさらに加速し、そりゃあもう映画ファンにはたまらない仕上がりになっている。

出てくる出てくる名作映画へのオマージュ。
みっけ! あ、あれもか! みっけ!
映画ネタ登場のたびにドッカンドッカン舞い上がる。
私はLEGOムービー2のために映画ファンだったんだ......!! と謎の確信が生まれるほど。
LEGOブロックでも映画ネタでも遊べるなんて!! 超たーのしーい!!

私は字幕版で観たのだけど、何度も笑いが起きていて、映画ファンがいっぱいいるー!! ってうれしくなったね。
みんな同じように好きな映画で遊んできた仲間だ。

確かに、すべてが最高の世界はありえないかもしれない。
だけど、『LEGOムービー2』を観ている時は、『LEGOムービー2』で全力で遊んでいる時は、最高の時間にちがいない。
そして、そんな体験は最高とはいえない日常を少しだけ、ほんの少しだけ最高に近付けてくれるかもしれない。
setay

setayの感想・評価

3.9
前作と続けて鑑賞。
狭い飛行機の座席が、ミニチュアな世界に浸ったおかげで雄大に感じられた。

前作より、やや落ち着いて観てしまった。
しかしながらそれでも秀逸。またもKO。

10数年ぶりに購買意欲がはちきれそうです。
わがまま女王の歌がすごく好き
前作に続き面白かった!DCの知識がある方が小ネタが拾える。

そして前よりクリスプラットを前面に押し出した映画になってた。
♪〜エンドクレジットが大好きだ〜!

私もエンドクレジットが好きだ。少なくともエンドクレジット中に席を立つほど嫌いではない。(そもそも劇場内が明るくなるまで席を立たない主義だ)
ここで私がいう<エンドクレジット>とは、エンドロールの直前に挿入される、主要キャスト&スタッフの名前がなんか良さげな演出で出てくるアレである。最近のエンタメ大作は、ほとんどがエンドクレジットの後に長いエンドロールが始まる構成になってきていると感じる。エンタメ大作のくせしてエンドクレジット無しでいきなりエンドロールだったりするとちょっとガッカリするくらいだ。
余談だが、地上波放送ではエンドクレジット以降がバッサリカットされる!「全編ノーカット放送」を謳っていてもエンドクレジット以降は画面隅のワイプで早回しである!

ちなみに「♪〜エンドクレジットが大好きだ〜!」のいう<エンドクレジット>とはエンドロール全体のことのようだ。(じゃあここまでの感想はいったいなんだったのか!)

前作は、レゴブロックのみで映画を構成するという映像表現が革新的であったし、「フツーの人」である主人公がフツーすぎて逆に面白いことや、マスタービルダーとして才能を開花させていく展開も良かった。時には自分の体を部品にしてでも何かを組み立て生み出す姿は狂気じみていたし、しょーもないネタをとめどなく垂れ流しながらの進行も狂騒的だった。
今作もその多くは受け継がれているが、残念ながら映像的な驚きは少なかったと思う。「わあ!本当にレゴだけで出来てる!」とは思えなかった。そりゃそうだ続編なんだから。
その点でインパクトは前作に及ばなかったし、ストーリーで大きく上回っていたかというとそうでもない。むしろ実写部分との繋がりがより強固になってしまって、いいの?その設定そんなに多用していいの?という気もした。(めんどくさい鑑賞者である←)
だが、つまらなかったわけではなく、とても面白かったのは間違いない。いつの間にかプロポーズしてる独身貴族ブルース様には戦慄した。
1作目が偉大すぎたのかもしれない。
やっぱりレゴ・ムービーは最高!
なんにでも変化できるレゴの特徴を生かして、マッドマックスみたいな世紀末の世界から子供チックなおとぎ話の世界まで縦横無尽に変化する世界観が前作に引き続き良い!
前作よりも話のスケールがダウンしちゃったのは残念だけど、それでも前作を観た人ならお馴染みのあの展開の仕方には、なるほど!という驚きがあって良かったなぁ。
そして何と言っても何故か滅茶苦茶力の入っているエンドロールが最高!エンディングテーマでも思いっきり製作者の名前とか、エンドロールを見逃すな!とか言っちゃってるし、恐らく監督たちが『ハン・ソロ』で上手くいかなかったオフビートなおふざけが最後の最後で大爆発!
エンドロールが終わるまで座席を立つな!面白いのはここからだ!(本編も面白いよ!)
でち

でちの感想・評価

5.0
記録
いじわる女王の歌がうますぎる
1の時もそうやったけど傑作やのに日本での扱いが不遇過ぎる…
あっという間に公開してあっというまに終わった。

流石に前作を超える程とは思えなかったけど
正当な続編で、完璧なまでの続編で満足した。
まず1のネタバレをせずに1の感想を述べるのは難しく
同じく1のネタバレをせずに2の感想を述べるのも難しいので
とりあえず、1とセットで観てもらうしかない。
冒頭見逃したので2のレンタルが始まったら速攻で見直そう。
1の内容がうろ覚えなら1を復習してからの2鑑賞を推奨。

レゴムービーは子供向けというより大人向けで、作り手の人にも必見。
3DCGやけど実在するレゴパーツで構成されてて、カメラ設定も実物大。
エフェクトもレゴ。
それだけでも最高やのに、その設定が脚本に活きてるんやから最高中の最高ってことになる。
だからって100点満点とは思ってなくて、アメリカ的なユーモアやノリに付いていけない所も沢山ある。
それを差し引いても最高と思えるポテンシャルがある。

とりあえず、1をまだ見てない人はプライムにあるのでお勧めです。

このレビューはネタバレを含みます

オリジナルであること、アマルガム(混合物)であること。

メタはそのままなので前作ほどサスペンスフルではないが、今回はミュージカルがすごい!
エメットとルーシーの性質が擬似的に入れ替わる展開はロード&ミラーが『21ジャンプ・ストリート』でもやってたね。
結局他者を許容する話なので、レックス=最悪の未来をも赦し受け入れるべきだとは思うが。
mikio

mikioの感想・評価

3.0
兄弟喧嘩をテーマにしてて、相変わらず無駄に面白い

子どもには、節句の物よりLEGOをたくさん買い与えてあげたい
peplum

peplumの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

吹替が楽しい映画でした。
この歌、頭にこびりつくよ〜
>|