レゴ(R)ムービー2の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「レゴ(R)ムービー2」に投稿された感想・評価

海水

海水の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ前に観たのに感想を投稿するのを忘れていた。
家族が仲睦まじくレゴで遊んでいる光景は見ているとシンプルに幸せな気持ちになるので、前作に続いてラストの後味が最高だった。
エンドクレジットの映像もとても見応えがある力作。
前作では「クリエイティブなことができない人間にも価値はある」という全ての世代に通じるメッセージが込められていたが、今作はメッセージ的には子供向けに寄っていた(子供をターゲットにした映画なので当然だが)ので、前作ほどは刺さらなかった。でも作品のクオリティは前作に劣らない。コミカルかつ迫力のあるレゴのアニメに、息もつかせぬハイテンポな展開で観ていて楽しかった。
教育的なメッセージを全面に押し出しながらもエンタメとして素晴らしい出来栄えで退屈せずに楽しめると思うので、子供にぜひ観せたい優等生的映画。でもこの映画を子供に観せたらおもちゃをしまって片付けるのを嫌がるようにならないか?と少し心配になった笑
1観た直後に観に行って正解だった。
マッドマックス的な荒廃した街から宇宙まで、LEGOだけで多彩な世界を表現しててすごい。
エメット相変わらずかわいい。吹き替えで観たけど、字幕版も気になる(主にクリスプラットが)!
こんなん泣くだろズルすぎるわ
あんなにオマージュてんこ盛りながら下品にならず崩壊もせず、あくまでメインストーリーに対するスパイス程度のバランスに感じるくらい骨太なお話でシリーズ2作目なのにこのクオリティってどんなバケモノ映画だよ…
来ているお客さんたちも含めてawesomeな時間を過ごせたよ…
全ての子供と大人に観てもらいたい…
ミサキ

ミサキの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

♪This song's gonna get stuck inside your
This song's gonna get stuck inside your
This song's gonna get stuck inside your
Heaaaaad♪

曲名が"Catchy Song"なのもツボ。
hasami

hasamiの感想・評価

-
続編として100点では?
エンドクレジットも最高の最高
デュプロの破壊力、わかる。
前作はもはや傑作と言っていいほどのエポックメイキングな作品。の続編(しかも完全に前作のカットの続きから)。
物語も大体同じよう感じで、ディストピアな始まりから、今回はスターフォーズ、BTTFやダイハード、しかもマッドマックスオマージュもあり、てんこ盛りな内容。そして、くだらない細やかなギャグも前作から継承。
ですが、フィルロード&クリストファーミラーが監督を退いた事で、監督の1番の手腕であるドラッギーな演出は縮小されたことにより、前作のオリジナルな魅力が半減し、かなーりトイストーリー寄りな話になってしまいました。
まーファンムービーとしては良いのかも。です。
Bigs

Bigsの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

字幕にて鑑賞。

前作レゴムービー1が大傑作だと思っているので、キャラクターや世界観をそのままに再度あの驚異的なレゴ表現を堪能できて大満足です。

本シリーズは、レゴたちは実世界と同じくおもちゃであり、その世界の外側に人間たちが存在しているということが、作品テーマ上重要な仕掛けだったと思います。なので1を観てるとそういう仕掛けをわかった上で観てるので、観てる途中も終始その設定がちらついてそこまでレゴ世界に入り込めなかったのも事実。
あと今回語られるテーマは、良い悪いじゃなく前作に比べてかなりミニマルで、子供向けに振ったバランスになっているのかなあと思った。子供向けのエンタメ作品としては教育的で全然良いと思う。
1作目の世界観を見事に引き継いだ続編です。必ず1作目を観てから、2を観て欲しいです。ちなみに衝撃的な前作の終わりから5年後のお話です。

とにかく面白かったです。小ネタが多いし、DCとマーベルの関係とかWBの過去の作品たちなど映画好きならたまらない作品です。個人的にはマーベルが来ないのと、ダイハードのくだりが最高に笑えました。どうしてもLEGOだと子供向けだと思いますが、子供の楽しみ方と大人の楽しみ方がこんなにもはっきりしている作品はないかと思います。本当にLEGOみたい。

テンポが早く、次々展開が進んでいきますのでサックリと見られます。そして最期のエンドロールの気合の入り方。たぶん、あれを作るために映画作ってるんじゃないかと思うほど。興味がない方はただ長いだけですが・・・。

最後にもう一度、お伝えしますが「1作目を観てからで」映画を頻繁に見る方は必ず楽しめます。

2019年公開作品 59本目