いち麦

君が君で君だのいち麦のレビュー・感想・評価

君が君で君だ(2018年製作の映画)
4.0
ストーカー紛いの集団行為はドタバタでも笑えず気持ち悪かったが、これが純愛や祈りにも見える瞬間があり次第に引き込まれた。熱演する池松壮亮に拍手。姫の切なさも見処。借金取り組が観客側を代弁・代行してくれていた。