君が君で君だの作品情報・感想・評価

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

3.7

あらすじ

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

ちくわ

ちくわの感想・評価

4.8
自分のようなアイドルオタクの話なんじゃないかと思った。
推しには干渉せず遠くから見守るだけ。推しを喜ばせるために、オタクは各々の自分の役割をもって接し、推しの一喜一憂はオタクみんなで共感をする。アイドルオタクとこの3人はやっていることそんな変わらないな!と思いニヤニヤしながら観てた。
中盤でYOU姐さんが言い放った「あんたら今の生活が居心地いいだけなんじゃないの?」がなんとも仰る通りで、オタクは仲が良くなり過ぎると推しは形骸化し、ライブよりもその後のオタクだけの飲み会の方が楽しくなってしまう。好きのベクトルが徐々に内向きになってしまうのだ。
今ではあまり現場に行かなくなってしまったので、純粋にアイドルを応援していたときの喜びとオタク仲間でわいわいはしゃぐ楽しさを思い出させてくれた素敵な映画だった。また、個人的にこの映画のプロデューサーが中学高校の同級生だったので、色々思うこともあったけど、いつかあの映画超最高だったよと伝えられたらいいなぁと思う。
一人の女の子を10年間男3人で向かいのアパートで見守るお話

「だって10年も片思いしてあの子に何求めてんの?付き合いたいの?抱きたいの?好きになってほしいの?」
yoshis

yoshisの感想・評価

2.8
男って馬鹿だなって思う映画。けど観ていて微笑ましい。
帆

帆の感想・評価

4.3
ぼく〜がぼくであるために〜
半端じゃない、尋常じゃない程の愛〜。

男同士の悪ふざけのあの感じ、時折羨ましくなるやつ。
おこげ

おこげの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

少し前にWOWOWにて。
公開当初に、大倉孝二さんのサムライ姿が気になっていたので解決できました。
池松くん主演のクリープパイプの作品と同じ大悟監督。

役者陣、特にストーカー役の三人が熱演でした。
けど内容を思い出すと具合が悪くなってしまうのであまり高評価にできないのが申し訳ない。
主要人物が主に七人で、視点がくるくる変わって展開してく群像劇だった気がします。

ストーリーは何とも…言えない感じですが、しゃかりきに役者は動いていた。
意外にも眉毛のない向井理がいい感じで、悪役のようで不器用な優しさのある役柄に好感が持てた。
大倉さんが窓から捨てられた衝撃。
そして高杉真宙くんがハサミで刺される。
ラストにかけて割といろんなことが起きていた。

池松くんが髪の毛をむしゃむしゃ食べるので、観たあとずっと自分の喉に何かがへばりついているような感覚になり具合が悪くなりました…。
書いてる今も思い出してきてつらい。
個人的に血が出るようなグロいものより、こういう方がダメなんだなと分かった。
池松くん関連で言うとこの作品も、宮本から君へもどちらも自己中心な行動をとるけど何故か宮本は許せる「気」がしてこちらは無理かな…と思う。彼女との距離の違いもあるけど。
この主人公も妄想ではなく、実際に空港に走って彼女に面と向かって叫んでいたらどうなっていたかな。
特に望んではいないし、それはそれで彼女に負担をかける行動ですが。

客観的に見れば許してはいけない行為だけど、主人公視点から見ると不器用な純愛になり得る。

率直には気持ち悪いのだけど、彼女が落ち込んでる時悲しんでる時に三人はいつも側にいて励ましていたのだと思うと、複雑な気持ちにはなる話でした。

ポスターが爽やかでとても良い。
yuko

yukoの感想・評価

3.5
俳優さん達ものすごく熱量高く頑張ってます。池松壮亮さん演じるシムラだけ、途中からモンスターに。愛じゃないです。病気です。
髪の毛のくだり、目を背けたくなった、具合悪くなりそうで。
急に現実に引き戻されてシムラじゃなくて、池松壮亮として見てしまった。。。そこまでやるか松井大吾監督。。。
ちょっと松井大吾監督の作品はPV.MVでしか観たことなかったので、他に映画を撮っていらっしゃるなら観てみたいです。探します。
愛の形は色々。。
すぎるでしょ!!!

途中で、何が何だか、内容が入ってこなくなった。。笑

俳優陣は好き!!

(91)
りぃ

りぃの感想・評価

3.0
ヒロインの子が絶妙に普通っぽい感じでなんかリアルだった。
ヒー

ヒーの感想・評価

3.5
理解しにくい作品でした。
池松壮亮、満島真之介、大倉浩二の演技が良かったです。
skeim

skeimの感想・評価

3.6
以前にお隣の富山県のほとり座にて上映をしていたがタイミングが合わず鑑賞出来ず。
本日やっと鑑賞出来ました。

内容はともかく相変わらず池松壮亮の役の入り方が素晴らし過ぎる。
何故だか好きだった頃の窪塚洋介の絶頂期を感じました。

宮本から君へも早く劇場で観たい
>|