君が君で君だの作品情報・感想・評価

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

Shihori

Shihoriの感想・評価

3.8
少し切ないです
みゆ

みゆの感想・評価

5.0
最高の映画!!
全力で笑って、数分後には泣いてた。
とりあえず、登場人物みんな愛おしい。
抱きしめたくなる。
JIN

JINの感想・評価

3.6
のっけから「え?え?きもちわるっ!」ってドン引きしたんやけど、そのきもち悪さというのは一貫して最後まで止めどなく続く。
なので、このきもち悪さの行き着く先がどこなのかっていうのは興味津々で観れた。
場面転換はそんなになく、演劇的な面白さを感じたかな。

タイトルの『君が君で君だ』は尾崎豊の『僕が僕であるために』に応えたものやろうけどね。
果してこれが愛と呼べるのか?
これも愛なのか?
いやいやいやいや、狂っとるだけやろうっていう。
純愛とか不器用というにはおぞましすぎるし、共感はしかねる。
このストーカー視点を美化することもできない。

実に松居大吾監督らしいテイストで溢れていたと思う。
異常なバランス感覚。
恋愛における常識や正しさとは?
盲目になる程突っ走ってるのに見返りは求めない。
見守るって何?
…掻き乱される。
池松壮亮も怪演やな。

このレビューはネタバレを含みます

異色すぎて、星で評価出来ないよ……

ダンスホールを口ずさむあのシーンの緊張感が一番印象深い

集団ストーカーをして10年過ごすという設定は全くリアルではないんだけど、時々なんか分かる〜という共感が生まれる。
三人のソンに対する思いは同じなようでそれぞれ違うことが徐々に分かっていって、あ、そんな感じやったん?みたいな一瞬の空気、その後ぱたっと冷める感じ、なんか気持ちわからんでもないな〜
お疲れって去ってく感じ、もう姫の兵士じゃないとはっきり分かるシーンの冷たさが切ない

第3者的存在で描かれる向井理とYOUがいい味出してた。
忍野も色々思うことあって見てたんやね…
なつこ

なつこの感想・評価

3.7
相当観る人を選ぶ青春群像劇。
でも始まって間もなく思った。
撮り方も音楽も、私この監督好きだ。

ストーカー3人組の10年。
普通の彼らが、どうしてそっち側に行ってしまったのかは分からない。
でもとても楽しい10年くらいだったのだろうと思う。
彼女のこともあるけど、3人で暮らすことそのものが楽しかったのではないだろうか。

彼らの愛は完全に間違ってるけど、でもそれは紛れもなく愛だった。
だからたまらなく切ない。

姫を守る兵士か…
もちろん犯罪だけど、彼女には干渉しないというルールと、3人でいることが彼らをストーカーではなく兵士としてつなぎ止めていた。
それが個になった途端に、狂気に満ちてくる。
いちばんヤバイのは尾崎だった…
いちばんまともそうだったのに…

元彼と今彼は、彼女の窮地を助けに行こうとして、そうでははない2人は、彼女の行動を受け入れようとする。
そこが関わった人間と関わらない人間の違いなんだろうか。

池松壮亮の怪演がすごいが、向井くんも相当良い。
ボソボソしてるから聞き流しそうになるけど、セリフもなんか刺さるものが多くて、聞いてて苦しくなる。
あと、これアドリブですかね?↓
「流行ってんだよ!一部で!一部で流行ってんだよ!」←ここは爆笑しちゃった

しかし終盤の空港のシーンはどう解釈すればいいんだろう?
ちょっと、全部踏まえてもっかい観ます。
マジでこいつらにとって彼女は太陽!
温もりを届けてくれる太陽に愛があるかどうかなど問題ではなくそこに存在し光浴びれる事こそ至福!見返り求めず干渉せず、ただ彼女の愛する尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬となり強く感じたいだけw純愛と偏愛の鎖に繋がれた醜態の極み、何を感じるにせよ入国に覚悟は必要!

何にせよ共感など当分できないしジメジメと嫌悪も纏わり付く。けれど彼ら親衛隊の姫を守ろうとする無様な三人善がりに意味不明に撹乱されたのも事実。どこに滑稽や悲哀を感じるかも観た人それぞれだと思うし割と危険な綱渡りやけどブラジャー姿で熱弁ふるう池松壮亮にウットリした俺はヤバいかもw

愛する人の愛する人になる!なんて生易しいもんじゃ無いし自分という存在を消し去ってまでの妄信はクソ変態が〜で片付けていいレベル!なのにこの王国の崩壊に痛みを感じちゃったんだから仕方ないw姫を演じるキム・コッピの丁度良い片言が隔てる届かない距離感も情緒的な雰囲気もなんか良い。

3人とも狂気の沙汰ではあるけど頭一つ二つ抜けてる池松くんの凄まじさはそこそこ監督と揉めたってのも納得。それでもここまで鬼気迫る演技を魅せるんやからちょっとレベルが違うなと。
ま、人によっては嫌悪しかないやろうからオススメはしないけどねw
つぶ貝

つぶ貝の感想・評価

3.3
設定がなんか新しい感じがした
最後は???って感じで終わった
前半はけっこう笑える部分も多かった
にし

にしの感想・評価

3.5
池松さんのすごさ、、
ある意味邦画トラッド。素晴らしい。
でたらめでハチャメチャで、勢いとアドリブと楽しそうな現場。久しぶりにそんな作品を邦画で観れた。そのことがうれしくて感動してしまう。
とにかく役者の達者なこと。狂い方も本当にジャスト。これ以上でも以下でもけがしてしまう絶妙さ。
このテイストは邦画でしか出せない。「そこのみにて光輝く」とか是枝作品とか。という意味では世界に誇っていいわけだ。やった!

キム・コッピって、そうか「息もできない」の女学生かあ。このキャスティングも絶妙だ。
>|