君が君で君だの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる。自分の名前すら捨てた男3人の物語が、ついに動き出す。 好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て 去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を 描いた恋愛譚。

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

itottm

itottmの感想・評価

4.7
ギッリギリ共感出来るような出来ないような、いやいやいやダメダメダメという狂気。
なんというバランス……。

尾崎豊、僕も好きです。

「すこし、切ないです」は1分くらい笑い止まらんかった。
Jerry

Jerryの感想・評価

2.5
この映画を演じきった池松壮亮を本当に尊敬します。役者魂ってこれ。

絶対自分だったら無理だ
ちゃき

ちゃきの感想・評価

4.0
すごいパッション溢れててかっこよかった。ダサい男たちがキラキラしてた。気持ち悪いけど爽やか。いいなぁ
さき

さきの感想・評価

5.0
監督とチラシのビジュアルに惹かれて観にいきました。

水曜レディースデイだから満席なんだと思っていたら、監督のサイン会&ミニ挨拶が付いてました。

監督が『言語化されてない感情があると思ってて、その感情を体験できるのが映画だと思ってる。』などなどの話を聴けてそのあとにこの映画を観れたことはこの映画をより理解できたことだけじゃなくて、今後、こういう風な映画の観方もあるんだなって思えるいい機会でした。

なんか良かった。なんとなく好きだなーーって思った。

いつも映画を観て、うわーー!この映画好きーーー!って思ったときもあとになっていろいろ文章を考えてこうやってレビュー書いてるけど、正直、本当は言葉にできないけどなんか好きだった感情に浸れたからなんだよね。この映画も、なんか好きだったし、3人の言葉にすれば歪んだ愛情はもうどんな感情でいるのか観ていてわからなかったけど、たしかに熱い何かは感じました。映画を体感するって4DとかIMAXとかで観ることを指すだけじゃないんだなって思いました。

俳優さんたちの熱量も凄まじい、とんでもなく熱い映画なことはたしかです。
みかみ

みかみの感想・評価

3.2
共感はできないけど理解はできる。
彼らにとってみれば純愛だし、側から見れば異常かもしれない。
相手がアイドルや教祖ならば納得がいくが、一般人が相手だと妙に不自然さが出るというのが禁忌に触れているような感覚。

回想の入れ方など、作品の構成は上手。
時が進むに連れて、彼女にのめり込むに連れて、彼らの世界が段々狭くなり、やがて「鎖国」してしまう。
取立屋達は言わば彼らにとっての黒船のような存在。ただYOUがいい人過ぎてワザとらしい。

池松、満島コンビが良い。
特に池松は怪演。

上京した福岡の人間の話かと思って観ていたら、普通に福岡での話であった。

音楽とサウンドデザインは、悪目立ちせず程良い。盗聴感はいい世界観が出ていた。
飛行機の音で何言ってるか聞こえてなくて、もう一度言おうとするんだけどやめる時のような感じ、本当はすごく伝えたいのに。
記録

記録の感想・評価

-
終わった後、近くの席のひとたちが「あれって結局ハッピーエンドなの?そうじゃないの?」と話していて、これって松居大悟監督作品あるあるな気がするなと思って、でも私はそういうところが好きです。

あとやっぱり物語は見られていないと始まらなくて、もしブラピと龍馬と尾崎に見守られていなかったら、ヒロインはあんな人生にならなかったんじゃないかな、と思いました。
so

soの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

‪昨日レイトショーで観た映画に圧倒された!!!彼女に彼氏が出来たって受け入れた、片思い拗らせた挙句に彼女が好きな人物になった、壊れても彼女を守り続ける部活みたいな10年間、みっともなくて美しくてとっても切なくって気持ちがザワザワした‬
もう、みんな狂った演技してますね❗
池松くん、最高に怖いです(笑)❗
向井くんの、ヤンキー姿面白い。
YOUさんの、姉さんも、最高‼
このタイトルを見て以降、ずっとわたしの心から離れなかった。

狂気と化した究極の愛。
自分を捨ててまですきな人のすきな人になる。
ここまでいくとあっぱれ。
こんなに長く深く人を想うことができる人、どれほどいるだろうか。
全てを受け入れようとする姿勢は尊敬。

君とは。そして自分とは。

病院での名言。使ってこう(笑)
池松壮亮やっぱり凄すぎ。