君が君で君だの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる。自分の名前すら捨てた男3人の物語が、ついに動き出す。 好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て 去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を 描いた恋愛譚。

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

ぴろ氏

ぴろ氏の感想・評価

3.7
3人の「国」での生活が、めっちゃ楽しそうだった。

観る前は、自分はこの3人を受け入れられるのか?られないのか?
と思っていたけど、全然すんなり受け入れられた。映画だからなのかもしれないけど。
おもしろい!とは思いながらも、少し冷静に観ている自分もいて、でもずっと映画の世界に引き込まれて、観終わったあとは現実にすんなり戻ってこれないような感覚だった。
「純情か?異常か?」で言ったら純情だと感じたけれど、ひとつだけ少し引くというか、満島さんに共感、と思うシーンがあった。

最初は同じように見えたけど、少しずつ3人の愛はそれぞれ違っているのが分かっていった気がする。というか、変わっていく、かな。出会い方、過去、に関係しているのが大きいのかも。

悪人と思っていた人が善人に見えるときもあるし、3人は純粋な愛ともとれるしストーカーともとれる。純情だし、異常。
どっちかじゃなくて、どっちもなんだと思う。

自分は「好きな人にばれずにこっそり見ていたい」と思ったり、好き避けすることが多いから、あの部屋でこっそり覗く感じがすごくわかった。(やらないけど!)

自分の恋愛観やファン心理がより分かったり、感想を語ると、観た人によってそれが違うというのが分かっておもしろい。

あと、3人が姫を観る部屋、
それを3人には気付かれずに観る映画館、
映画館を出て久しぶりに光を見ると眩しい、というのが映画とリンクしておもしろかった。

エンドロールのみんなの歌声、最高。
よお

よおの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

首輪してる高杉真宙くんと女性物下着を着てる池松壮亮くんの言い争うが見れます。
池松くん、ひまわり食べたり人毛食べたりで凄かった。
ヒミズの染谷将太ばりに凄かった。

究極の愛だけど私には理解ができない愛し方でした。
おこい

おこいの感想・評価

3.7
笑えるし泣けるし心が温まった!
大倉孝二の看護師に体調どうですか?て聞かれた返しがあたしの中に最高を叩き出した。
m

mの感想・評価

4.4
けっこう呆然。個人的な一本になってる。
突拍子な設定だからこそ、20から30までの彼ら10年の区切りを突きつける
rika

rikaの感想・評価

3.9
初日舞台挨拶で観れた
面白い
ぶっとんでる
好きです
キャストが最高
キムコッピさん綺麗
YOUと向井理のシーンが良かった笑

初めて舞台挨拶とかに行って監督とキャストの方々見れて話聴けて映画が作られていく感じを味わえて嬉しくなった
松居監督の言葉が素敵で、一生ついていこうと思いました
南

南の感想・評価

-
ぶっ飛んでたなあ
でも気がついたら普通にぶっ飛んでることを受け入れて真剣に見てた
すごく面白かった

姫に対して真剣で真摯に好きなんだな

YOUが姫をストーカー部屋から追いかける時、部屋に取り残された尾崎豊を放置し背中にハサミ刺されたヒモ彼氏を放置し上から突き落とされた坂本龍馬を放置していくところが1番面白かった

坂本龍馬が突き落とされた時、「お前なんでそんなことするんだよ!仲間だろ!」ってものすごい剣幕で言ってた仲間も結局放置してたしね笑

姫への祈りとか髪食べるとか
まあ、愛なんでしょうね…わからんけど
よく、わからん。すべてがクレイジー。
池松壮亮の突進系の演技がすごい。ストイックな俳優だと思う。
まろ

まろの感想・評価

3.5
狂気の沙汰(笑)

ひょんなことから出会った韓国人の女性を好きになった男3人が、彼女の好きな人物である尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬になりきり、10年間見守るという話。

そう、見守るだけ。
別に会わない。
向かいのアパートから覗きと盗聴を繰り返すのみ。
いや、それもはやなりきる意味がないのではっていう気もするけど。

彼女のためになりきっているというより、「好きな人の好きな人物になりきることで彼女への愛情表現をしている自分」に自己満足しているといった感じ。
個人的には、人は時に「愛情が強くてここまでしちゃう自分」に対して悦に浸ることはあると思うので、そこはある意味微笑ましいと思う。

ただ、その愛情が強い、強すぎる(笑)
もはや愛を通り越して忠誠に近いものになってて、宗教感すら覚える。
その点では、邦画で掃いて捨てるほど量産されているキラキラ高校生純愛物語とは一線を画す。

そしてメインの池松壮亮、満島真之介、大倉孝二の様子がおかしい。
言動が狂気に満ちていて、特に池松壮亮とか、「こういう人、園子温監督の映画にいそうだな」と思うぐらい、イッちゃってる。
破裂した水風船のごとく、バッシャーってなってる。
だから、いろんな意味で圧倒される。

全体的に映画というよりは舞台っぽい感じかな。
なので、極端に言ってしまえば、“人間”が好きな人には興味深く映る内容だと思うけど、単に娯楽映画好きな人からしたら、「なんかよくわからないキモい感じだけど、すげー圧倒される」というふうに感じるのではなかろうか(俺がそうw)
るな

るなの感想・評価

-

もちろん帰り尾崎豊聴いて帰った。

好きってよくわからないし、その人に好きを押し付けたところでその先に何を求めているのか、何がしたいのかよくわからないことってあると思う。けど好きなもんは好きなんだもん。執着と似たような感情なんだろうけどね。


スクリーンの中の高杉さんを拝みに、終電間に合うかギリギリのレイトショーへ。

キミスイの予告からもう高杉さん。ありがとう。

映画始まったら、池松くんの笑顔にキュン。こんなにカッコよかったのか〜って。
向井さんの役、ギャップあってびっくり。いいお父さんってイメージだったけど、こういう役も良い。

クズ彼氏、王子…として描かれていた真宙くん。渇き。以来の悪い役な感じ、ドキドキしてしまった🤦‍♀️

冒頭に書いた通り、気持ちだけじゃどうにもならないことだらけだけど気持ちがあることって大切なことなのよね。
自分の気持ちを大切にしていこうと思った🙆‍♀️🙆‍♀️
少し切ないです。


じゃあ大丈夫ですね。


薄羽蜉蝣かよ。