君が君で君だの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる。自分の名前すら捨てた男3人の物語が、ついに動き出す。 好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て 去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を 描いた恋愛譚。

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

Tisa

Tisaの感想・評価

4.5
好きな女の子が好きな
尾崎豊に
ブラピに
坂本龍馬に

自分の名前も、生活も全て捨てて
10年間なりきった男たちの物語。

前半、久しぶりに映画館で声を出して笑う人続出。

後半、息を飲む展開に空気が重く重く...


ドタバタコメディと思いきや、
恋愛の本質、アイデンティティとは何か、
など考えさせられる良作。

本質に触れると破滅するんだよね...
oto

otoの感想・評価

3.0
池松くんはとてもいい俳優さんだけど、この映画の内容にはついていけず、ただただ異次元の話を見ているような…
青

青の感想・評価

4.1
3人の掛け合い最高過ぎて笑えたし、ヒロインが日本人じゃなくキムコッピという所も良かった
すごくピュアな愛から生まれる狂気ってなんなんだろうと帰りに尾崎豊聴きながら思ってたけど
めっちゃ好きでも人の髪の毛は食えないな、、
Kanako

Kanakoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

狂い過ぎてるし人間味溢れ過ぎててひいたけど面白かった。いろんな愛のカタチがあるんやな。
松居監督の作品臭がすごい。やっぱ天才や。

主人公が自分と正反対すぎて惹かれるんかなあ...
あと、若干登場人物が尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬、羽生結弦に似てるのが絶妙。

「体調はどうですか?」
「少し、切ないです。」
が好き。笑
4410

4410の感想・評価

3.5
人が欲望のまま突き抜けた姿は、偏見や先入観を覆して、美しささえ産み出してしまう。と、感じました!!

俳優ってすごい!
なんで恥ずかしさがないんだろう!!
ひ

ひの感想・評価

4.3
最高に狂気的で気持ち悪い!
狂ってるけど最高だった。
ここまで尋常じゃない愛、もはや羨ましいし眩しくなってしまった。

普通、どうしようもなく共感できないしエ…?て置いてかれるのにむしろ逆に引き込まれまくった!抜け出せなくなった!
最っ高に気持ち悪くて最っ高にピュア!
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
ストーカーではない「兵士」だ

名前をも捨て姫の好きな「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」として国を護ってきた10年間。屈折しまくった愛情がある日、大きく動き出す。

正しい愛情ってなんだ。もうわからなくなった。
予告も何も観ずに、「松居大悟」×「池松壮亮」のネームに魅かれて劇場へ。
日常の軸となった姫の心はすでに誰かのものなのになんで見守ってんだ?
なんだその神頼みな踊りは。同じタイミングで同じ方向でご飯ってなんだ。シンクロするのか?とうすら笑いの続く中、いや…精神的な話では…ない?
創り上げた「国」を護って「日常」を壊すのを恐れてるだけなんだってYOUのセリフでハッとする。
3人の行動は明らかに異常。だけどこれ、自分に置き換えられることあるぞってぞっとする。
芯から異常なのは尾崎だけで依存せざるを得なかったのがブラピと坂本竜馬。俯瞰できる人が現れてくれて良かったよね、本当。
一部で流行りの薄眉ヤクザも見守る女ボスも愛情が過ぎると思う。

「ぼく」である為に抱きしめる程度のこともできない尾崎。
キミ、本当は尾崎じゃなくて王子になりたいんだよね。
原作なしのこの作品。恐るべし松居大悟。右往左往する作品同様、脳みその中慌ただしいんだろうなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

韓国の人って辛ラーメン好きだよね。
味ない気がして俺はあんま好きじゃないけど。

究極の愛とは?究極の理解なのか。
もはや好きすぎてソノヒトになっちゃった。
全てを理解し、全てを感じ一体化する。

すげー気持ち悪い(笑)

無理無理無理無理。

3人1組でこの世の理想郷ソンの国を切り盛りしているのだけど、真の理解者は尾崎だけだった。
ブラピの容姿、尾崎豊の生き方、性格は坂本龍馬が理想の男性って言葉をもとにそれぞれがなりきるのだけどすげーきもい。

共感したい、けど拒否られたくもない。
傷つくのを恐れた人達の成れの果て。
愛の形っていえば聞こえはいいけど、限りなく逃げだし、果てしなく気持ち悪い。

高杉真宙くんのクズ感もっとましましで欲しかった(笑)

おわり
yuko

yukoの感想・評価

3.0
池松壮亮がすごい。

どうでもいい話だけどひまわり畑のシーンで鎧着た池松壮亮が私的にとてもジョン・スノウだった。
MOi

MOiの感想・評価

2.0
危険な信号もみんなで渡れば怖くない的な集団心理的映画だった。
そしてその危険な空気に観ている私たちも飲み込まれていく。
男性たちの言動はどこか現代に生きる私たちに通ずるところもあって、ぶっとんだ設定も意外とリアルに感じる部分もあり、その部分が非常に恐ろしかった。おそらく意図してないやや理解できないフィクション的な要素が、この作品の歯止めになっていた。
いろんな捉え方ができる映画だとは思うけど、松居監督はこの映画をどういう発想で描いたんだろう?といろいろ考えていましたが、別紙で描かれていた監督の構想が人間性を疑うようなもので、見なきゃよかったと思った。