君が君で君だの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる。自分の名前すら捨てた男3人の物語が、ついに動き出す。 好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て 去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を 描いた恋愛譚。

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

Ew

Ewの感想・評価

4.0
冒頭の3人の「国」があまりにも楽しそうで、ずっと見ていたくなってしまった。
オタクカルチャーにも通じる閉じたコミュニティでの熱狂とか、その中で独特の価値基準が生まれてくるところとか、不気味で、他人事とバカにはできなくて、そんでもって3人とも滅茶苦茶にイキイキしているのが胸に来ました。
Ari

Ariの感想・評価

3.0
笑えるけどとっても意味がわからなかった。伝えたいメッセージがなんなのかよく理解できてない私…
なんとなくは分かるけど、不可解な行動が多すぎて謎。
yuu223

yuu223の感想・評価

3.6
ハチャメチャだし
キモい、意味不明なんて
レビューも飛び交いそうな作品
ですが、私、どハマりしました。笑

冒頭のまだ全然話が読めないうちから
男子校ノリのおバカさん3人に
ニヤニヤが止まりません

松居監督の渾身のオリジナル作品
この人ほんっとバカだし
ほんっとある意味天才

私の大好きな、しょーもない
愛おしい男たちの掛け合いを
描かせたらピカイチです

感じ方はそれぞれでしょうが
私はやっぱりこれは純愛
男子が男性への成長するまで
かなりのこじられせながらの
成長記録のような作品だと思いました

役者さんが端役に至るまで
とっても良かったです

特に満島真之介くんと池松くんの
あのじゃれ合う感じ
いつもたいてい池松くんは
お芝居を受け止める側なのに
まさに「掛け合う」感じが
とても良かった!

あとYOUと向井理も居なかったら
グダグダな展開なところを
スパシーで向井理、ダメ男
いいんじゃない?って初めて
思いました

ヒロインは「息もできない」の
キムコッピですが、ちょっと歳とったのと
脚がキレイじゃなくて少し残念感あり
ヒロインはやっぱりちょっと儚げ
じゃないと…

エンディングは絶対尾崎豊だろうと
思ってましたが、まさかのあのゆるーい歌唱が
また鑑賞後の爽やかさを誘います。笑
強烈な話だった。

時折ドキッとするようなセリフがあって、好きな人の全部を知る勇気ってほとんどの人は持ってないと思う。好きな人の苦労して辛い思いをして努力する姿、嫌な思いをしている時を知るのは漠然とした恐怖がある。知りたくないこと、見たくないところって確実にあるし、知られたくないこともたくさんある。

3人で共同生活を続けるのはみんなどこかでこの3人から姫と仲良くなったり付き合ったりするのを恐れていたはずだし、同じ距離にいる事で安心してだと思う。
Luri

Luriの感想・評価

4.6
単に久々に映画を観たということもあると思うけど、久しぶりに面白い映画を映画館で観て満足〜という感じ。面白かった。深夜のバルトはいい。
ゲル

ゲルの感想・評価

4.2
男子校のノリが楽しくて笑える!
シュールさ・切なさ・狂気も加わり、バランスの取れた良作。
自分には笑いのセンスがぴったり合って、本当に観て良かった。
キャストが素晴らしい。
メイン3人とも演技力が高いが、やはり池松壮亮が抜きん出ている。
姐さん役のYOUはハマリ役だと思う。
エンディングテーマも楽しそうで好感度が高く、作品の内容はかなり異常な設定なのに、爽やかな気分で終われた。
「こんな隣人は嫌だ」
映えある第1位あげちゃうんだから!


振り切るって、狂気を超えて感動を生む。

池松くんをみていてそう思った。

いまいちいけ好かない向井理をYOUが吐き捨てた「イキッた眉毛」で救ったところがハイライト!
saho

sahoの感想・評価

3.8
大倉さん目当てで見たけれど、役者が皆よかった。池松壮亮と満島真之介のじゃれ合いとか、向井理の見下す感じとか、YOUもいい味出してた。3人の似てないなりきり具合とか、入国の儀式とか前半はとにかく笑った。3人の10年は完全にストーカーで異常なのに、真っ直ぐな想いに青春を感じてしまった。3人にとってはただ見守ることが愛で、それを愛じゃないと他人が言うことはできないのかなあ。
ひまわり畑の僕が僕であるためにのダンスシーン、好きだった。
突きつけられたものがあまりに衝撃的で、まだ消化不良。
slv

slvの感想・評価

4.0
尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬になりきった3人の男たちが、自分達で作りあげた「国」で人生をかけて、大好きな「姫」を見守る。
その、はっきり言ってストーカーな男たちの、異常な愛の行方は…?

かなり、「なんだこれ!?」なストーリーなんだけれどもね…

ラストにはまさかの爽やかな感動が待っていたから、これは凄い。恐るべし…。

愛情を履き違えたバカな奴らの倒錯した愛は、キモいし重いしウザいし暑苦しいしお寒いけど、なんだか凄い説得力があったよ。
純愛ぽくてね。

そしてこの作品の池松くんは、かなりかなり最高な池松くんじゃないでしょうか。

池松くんがブラジャー付けたまま、涙ながらに熱い想いを訴えるシーン、マジで私も涙出た。

ババア(YOU)とチンピラ(向井理)の車内での口げんかのシーンも最高だった!(笑)


「ババアがうっとりして何が悪い」

「少し、切ないです」

は名言!グッときた。。

これもまたダメな人は全然ダメで、好みのはっきり別れる作品だと思うけど、私はいろいろ心に響いたから、これ、好きです。
mm

mmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想以上にこじらせというか、いかれた連中たちでびっくりした。彼らの愛の形を理解したかったのだけど、結局最後まで理解できなかった。。どういう愛され方したら、そういう風に育つんだっていうセリフあったけど、激しく同意。好きだけど、干渉したくないっていうのが全然理解できなかった。。そしてラストに尾崎が割とすんなり更生しちゃった感じ。
え、、どのタイミングでそうなった?って。もっと尾崎の過去を知りたかったー。でも。池松君と向井さんの新境地見れただけでも満足。