hirogon

クレイジー・リッチ!のhirogonのレビュー・感想・評価

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)
3.9
原作もあって、世界的にベストセラーになっているそう。
”クレイジー・リッチ”とは、”とんでもないお金持ち”のこと。
そのリッチさは十分に堪能できます。

ほぼアジア系の人物しか出てこないハリウッド映画。
アメリカで本作を鑑賞する客層や評価する客層はどういう人たちか?
企画時点で、どのようなターゲット客層を想定したのか?そんなことに興味を持ってしまう。でも、そんなことは気にせずに気軽に楽しめる作品。

シンガポールの大富豪ヤン家の御曹司ニック・ヤン(ヘンリー・ゴールディング)とNY大学の経済学教授のレイチェル・チュウ(コンスタンス・ウー)が主人公。

ニックの友人の結婚式に出席するために、二人はシンガポールに飛びます。
それまで、ニックは実家が大富豪であることをレイチェルに話していませんでした。
いきなりファーストクラスに案内され戸惑うレイチェル。ようやくニックは彼女に実家のことを話します。


(以下、ネタバレ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


同じ中国系とは言え、シンガポールの富豪と中国系アメリカ人の文化・考え方の違いは大きい。
アメリカ育ちのレイチェルとシンガポールのヤン家にゆかりの人たちとのズレをテンポよく見せいきます。

ヤン家の富豪ぶりやヤン家に関連するクセのある人たち、
レイチェルとニックの母親エレノアとの確執、
レイチェルのことを単にお金目当ての女と考えて意地悪な対応をする一部の女性たち、
レイチェルと母親や祖母らの間で、家か恋人か?葛藤するニック、
突然セレブの世界に放り込まれたレイチェルの苦労と対応、、、etc

シンガポール在住のレイチェルの大学時代の友人ペク・リン(オークワフィナ~オーシャンズ8に出てた人)や
ヤン家の遠縁のオリバーたちは、いい感じに笑わせてくれます。

エレノアも、イギリス留学の経験があって、結婚を機に学業を諦めて家族第一で苦労してきた人。
決して意地悪な人として描かれているのではなく、中国系シンガポール人の文化と伝統と家族を優先してきた人という設定は好感が持てます。

ニックは、レイチェルとの関係が拗れて、彼女の母親ケリーをシンガポールに呼び寄せます。
レイチェルは母親と二人暮らし。母親が中国からアメリカに移住してきた経緯も複雑です。

終盤に、マージャン卓を囲んで、レイチェルとエレノアがそれぞれの想いを伝えるシーン。
マージャンは唐突でしたが、中国発祥のマージャンをしながらの会話は、中国系の人たちならではの場面。

ラストは、お約束ではあるけど、やっぱりハッピーエンドで嬉しくなります。