ゆみこ

万引き家族のゆみこのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.0
役者それぞれが持つ素材の良さを活かし、纏め上げ、一つの作品に落とし込んだ是枝監督の手腕に感嘆。

華美な演出や大袈裟な演技、編集、特効を使わずして俳優の味が最大に引き出されており、季節の移ろいや心情の変化、展開の明暗を淡々と描いていた。単調に進む中で観る者を引き込ませていたのは、やはり彼ら・彼女らの魂が強く伝わる演技にこそある。

是枝作品特有の考えさせる演出も随所に健在で、鑑賞後からずっといろいろな感情や考察が目紛しく自分の中で駆け巡っており、これが気持ち悪くもあり心地良くもある。