せきもと

万引き家族のせきもとのネタバレレビュー・内容・結末

万引き家族(2018年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

傷で繋がる家族の話
初めて映画館で邦画の名作見た(?)
松岡茉優曰く"絶望的な演技力"を持つ安藤サクラの力がね
素材から調理から圧倒的でした


全編を通して「愛」という概念が欠落していた。
利害関係や共犯関係などによって繋がっている彼ら。万引き、虐待、誘拐、性風俗、殺人など家族の根底は確実に正しくない。街レベルならば見て見ぬふりができたほどの問題であった頃にはわずかながらも家族のような関係性に没頭できた。大人はそこへの諦めがありながらも根底の腐敗を忘れるほどには繋がりを求めた。ついには「愛」というものを錯覚してしまうほどに。おばあちゃんが倒れ均衡が崩れてからは公権力が介入せざるをえない状況になり、社会通念的な「愛」のその暴力的な側面によって崩壊してしまう。
実態のない大きな概念に寄りかかるように生きながらえてきた家族は、それそのものによってちりぢりになってしまうのだが、彼らの中には確実に繋がっていたという事実が残り続ける。
日本の現状(もしかしたら世界全体でも)はそういったもののあつまりであるような気がする。例えばなにか実感した感情を言葉に当てはめると、なるほど皆それを「愛」と呼ぶのかと知る。その記憶を頼りに次は演繹的に当てはめていくのだが、次第にその根本の概念が変化していっていることにほとんどが気づけない。気づけば根元から狂っていたかのようなきがしてきてしまうものである。
彼らの何が悪かったのか。日雇い、パート、性風俗、年金、彼らの収入ではどう太刀打ちしても正しさは得られない。そうした日本社会全体で過去の幻影に縋った結果の歪みでしかない。
鑑賞後には善悪という簡単な二分すらゆらぎ、彼らと同じように腐敗を自覚させられるのである。

樹木希林にリリーフランキーに安藤サクラに松岡茉優、取り調べシーンの安藤サクラは鳥肌モノ
はっきりいってえぐい
松岡茉優に"絶望的"と言われた安藤サクラ。カンヌでも話題を呼んだという

https://memo-random.tumblr.com/post/174909470426/是枝裕和万引き家族-マスターズオブシネマ講義メモ
これは早稲田大学の講義マスシネにて是枝裕和監督、松岡茉優さん本人が公演した際のメモです。