ウホゴリラ

万引き家族のウホゴリラのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
-

生活が立ち行かず万引きに手を染めざるを得ない一家を通して現代の貧困の実態を映し出す…的な作品なのだろうと勝手に思っていたのだけど鑑賞後のイメージは随分と違った。確かに婆さんの年金に頼ることで辛うじて生活をなりたたせているくらい貧しい一家なのだけど、その生活自体をただ悲惨なものとしては描いていない。多くの正しくなさや破綻を抱えているのだけど、当事者達は生活を楽しんでいるように見える。最初はそれが少し不可解なのだけど家族それぞれの背景が明かされていくことでこのボロ屋での生活が本人たちにとってどのような意味を持つものなのかがこちらにも伝わってくる。

作品の主な舞台となるボロ屋は予め与えられた絆からはこぼれ落ちてしまった登場人物達にとって期間限定のユートピアだったのかもしれない。この家からでてしまえば社会的に認められた枠の外にいる彼らのことなど誰も気に留めない現実しかないから。
案の定映画は仮想的な救いのあるファンタジーのままでは終わらず、最後には現実にしっかり着地する。わかりやすい救済はどこにもないけれど、映画内でのみ救いを見出すことに意味はない、なぜならこれは現実の問題だから…と言われているような気がして重い読後感が残った。この一家はどうしたら社会とうまくやっていけたのか?きっと社会の側が考えるべき問題なんだろうと思う。
役者全員適材適所で最高の演技をしていたと思うしパルムドールの受賞も納得。舞台はあくまで日本だけど欧州の人は難民問題に置き換えて見る人も多いんじゃないかな。射程の広い傑作だと思います。