トマト

万引き家族のトマトのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.4

嘘と子供。

監督の作品を全て鑑賞した訳ではないが、その多くに共通する要素だ。
パルムドール受賞後の鑑賞のため先入観もあるかもしれないが、本作が彼の作品の一つの到達点であったように感じた。

タイトルでもある「万引き家族」達は、いくつもの犯罪によって成り立つ、偽りの関係だ。
そのため法のもとでの悪が根底には流れる訳だが、その生き様は愛に溢れている。
彼らの愛は、悪がなくては成立しない。
表裏一体の世界は、グラグラのピースが外れれば簡単に崩壊する。

タイトル・設定はキャッチーだが、展開は存外冒頭数分から予想できるもので、裏切られることはない。
しかし、それがゆえに私たちは胸を打たれる。
自らの日常、もしくは過去の是枝作品の誰かを想起し、ある種のカタルシスを抱くのだ。

本作において同様であったかは存じないが、是枝はある時期から子供の演出において、当日その場で台詞を伝える手法を取っている。
是枝作品で一際際立つ、子供達の無垢さはそれゆえであろう。
それを想起させると、本作を見たとき、その手法が盲目的に万引きをさせるリリーフランキーの姿と重なってくる。
監督の思惑で出来上がる、映画の世界を極めた果てに、本作の子供達の姿があったのではないだろうか。