はるな

万引き家族のはるなのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.3
レビュアー試写会にて。今回はレビュー長め。

テレビドキュメンタリー出身でもある是枝監督が、どの作品でも一貫して問い続けているものは、物事を多角的に見つめる視座。世の中の思い込みを外した先に見える世界と溢れ出す感情を、私たちにそっと教えてくれる。そんな今作品では「家族=血縁=良好な絆」という思い込みが、スポット。血縁は関係を表しやすいフレームで、絆はフレームの中身。絆、つまりフレームの中身は当事者間しか味わえないものだからこそ、特別な心地よさが生まれる。その心地よさに包まれている登場人物たちの姿や瞬間が、生き生きと描かれている。しかし、私たちや世間は白黒はっきり決めつけて安心したいから、フレームだけで判断し、良いか悪いかの二択に落ち着かせてしまう。


夢のような心地よさと残酷さが、あくまで人の日常のペースで描かれた作品。その真骨頂がラストシーンかなと。
是枝監督作品の過去作のエッセンスが、絶妙に混ざった作品。