ばし

万引き家族のばしのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
5.0
これぞ是枝監督の集大成!!今までカンヌに出品して徐々に賞のグレードが上がってきていたから今作でパルムドール獲るのも納得の出来栄え!!

行為に対しての罪にフォーカスを当てるのではなくあくまでも主観は"一見平和に見える国(マクロな視点)の底で起きている弱者が寄せ集まって生きている現実(ミクロな視点)"これは映画の枠の中での出来事と一蹴してはいけないし、フィクションでもあり現実でもあると思えるからタイトルが〜とか美しい国〜とかで盲目になるのは自覚のないガンのようなもので愚かしく思う
大枠でいえば「絆」の物語だけど、それと同時に今の状況に警鐘を鳴らしているとも思った

誰も知らないから続いてきた「家族」の形、物語が完成形として出来上がった喜びと、その描かれている現実がフィクションと言い切れない事実の悲しさ
もう先進国日本は終わったんだなぁと思ってしまったし、内容や話作りなどの技術がアップデートされるのと同時に状況が悪い方にアップデートされてしまっていたカンジ

内容が内容だけに大きい話になってしまいがちだけど、映画としても(もちろん)良くできていて、2、3階くらいの高さから撮る上澄みのような風景や木漏れ日のように撮る俯瞰ショットなど画面が説明になってる部分も多々あるし、なにより個々人の演技力の高さ!!
樹木希林は言わずもがなだしリリーフランキーはイラストレーターの域を軽く超えてるし、安藤サクラも心象が滲み出る表情、表現に舌を巻くし松岡茉優も地味に見える雰囲気や未成熟ながら擦れたカンジ、いそうなリアリティの体現が凄く若手トップの実力派じゃね?って思えた
そしてなにより子役二人、特に男の子役の抜群のうまさ!誰も知らないの柳楽くんを彷彿とさせる演技力がすごくて、彼が主役な所もあるから余計にものすごかった!!

映画としても素晴らしくテーマも鋭く、そしてなにより包み込むようなやさしさになんでもないシーンでも涙が流れるような、とんでもない大傑作だった