ステゴシネマ

万引き家族のステゴシネマのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.0
是枝監督作品だと意識しているからか、この映画の中に『ワンダフルライフ』『そして父になる』『三度目の殺人』など監督の過去作品を思い出すシーンがいくつもあった。常に“家族”を描き続けてきた是枝作品は、全く別の作品でも全てが一つに繋がったストーリーのように感じてしまう。

特にこの作品は『誰も知らない』の続きを描いたようで、しかもこれもまだ通過点であり、また違う作品でその時代の“家族”の姿を物語として描き続けるのではないかと思えてくる。だから是枝監督作品はいつも目が離せない。

キャスト陣は文句のつけようがない。みんな凄いけど、個人的には松岡茉優ちゃんに驚いた。また殻破ったね!これからますます楽しみな俳優さん。

また、ほんの少ししか映らないのに、柄本明、池松壮亮、高良健吾、緒形直人、山田裕貴など豪華たる俳優陣が登場する。贅沢な使い方するなと思ったけど、時間が経ってみると、この作品では描かれない彼らの背景にもまた違った人生があり、「万引き家族」の誰かしらに影響を与えている非常に大きな存在なんだと、その役割の重さを後になって知る。

なんか映像が『そこのみて光輝く』っぽいって思ってたら、やはり撮影の方同じだった!