kassy

万引き家族のkassyのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.0
試写会にて。

カンヌ映画祭でパルム・ドールを獲得した是枝監督の最新作。

家族をずっと描いてきた是枝監督の原点回帰のようでいて集大成のような作品で、本当に是枝監督らしい作品でした。
「誰も知らない」で描いた大人から捨てられた子供の世界。
「そして父になる」で描いた血の繋がりを超えた絆。
「海街diary」のような日本の四季、家族のカタチ。
色々な作品を想起させます。様々な要素を持った、また新しい家族の物語を描かれています。

ニセモノ達が作り上げる家族。
登場人物達はみな、ホンモノではなし得なかったものをニセモノに求めて。失敗したからこそ、今があるんですね。
勿論ダメな事を観客もわかってる。
それでも慎ましくもたわいもない生活、会話を楽しむ彼らにとやかく言う部外者の言葉が無粋に聴こえてしまう。
ニセモノはホンモノを超えられない。
でもそれは形式上のもので、ニセモノの方が本人達には幸せな形なのかもしれないのだ。
しかし、映画ではあくまで感傷は極力排除し、ドライでリアリズムを持って、しかしあたたかく見守る視点は、まさしく真骨頂といえるものでした。

家族の自然な演技はいずれも素晴らしく、子役の2人、特に城くんの存在は誰も知らないの柳楽くんを思い出します。何か射抜かれるような真っ直ぐさがありますね。

そして個人的に一番良かったのは安藤サクラ。
ナチュラルな色気、ユーモア、優しさ。
そしてラストの独白。
そのどれもが素晴らしかった。
特に独白シーンは固定カメラで真正面から表情、空気、感情全てを真っ直ぐ捉え、印象的です。