adam

万引き家族のadamのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
-
かなりハードルを上げて観たつもりが、きちんと大満足。家族構成が複雑かつボソボソ声が聞き取りにくいため頭を使うが、一筋縄ではいかない"家族"という言葉に夢も現実も見させられた。
脇まで是枝さんのお気に入りで固めた、まさに演技派オールスター映画。自然な安藤サクラ、貫禄の樹木希林、攻めた松岡茉優、瑞々しい子役たち、異質な池松壮亮まで、誰一人下手な人がいなくてお腹いっぱいだった。"だから家族っていいよね"という日本の原風景的な安堵感と、それを一瞬で壊してしまう脆さが物語の中で対になり、大きなメッセージを伝えた。安藤サクラの泣き方や佐々木みゆの表情に感動の押し付けがましさがなくて、おフランスが好きそうな語り口だった。