メグ

万引き家族のメグのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.5
試写会にて。
家族とは血なのか、絆なのか。
その2択に絞ったのが「そして父になる」でしたが、今回はそこにさらに貧困、犯罪という要素が入ることで何が正しいのか観る側も揺さぶられます。
揺さぶられたまま突入するラストでもそれぞれの選択や決意が悲しくて、でもきっと正しくもあって。
泣くことしかできない自分の無力さに溺れそうになります。
是枝監督が描く子供は本当にリアル。子供は思ったよりも色々考えているし、わかっている。でも対応方法は自分の経験の中でしか選べない。そのリアルさは「誰も知らない」の頃から変わってないし、観る度に感動します。
無駄なシーンもひとつもない。せりふで説明しない代わりに全てのシーンが観客に「あ、この人はそういう人なんだ」「こういう状況なんだ」と伝えるものになっている。
そして、演じる人々。安藤サクラ圧巻。松岡茉優大胆さと親密さ。樹木希林凄み。そして子役2人の無欲の勝利。

もう一度観て、もう一度揺さぶられて、自分の中から何が出てくるのか確かめたいです。