福助

万引き家族の福助のレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.0
ここ最近観ていた映画に共通する問題としてあるのが、貧困と家族の繋がりだったりで色々と考えさせられたりしますが、この映画も1つの答えを提示していたような気持ちです。
家族の定義を根本から考えさせられるお話でもありました。

前半で描かれる家族のイメージがある事件をきっかけにポロポロと剥がれ落ちて真実が見えた瞬間からこの家族が迎える結末をどう捉えるべきなのか困惑しています。
特筆すべきは安藤サクラですよ!なんだあの人は。嫁であり親であり娘でありそのどれでもないような人物なのに全ての表現が自然過ぎる。この人ラストでとんでもないシーン残してました。樹木希林の存在感もすごいんですけどね。

話の本筋とは別だけど、虐待されてた子供が「ママは優しい…」なんてセリフが出てきて昨今取り上げられてる事件を思い出してしまい、私はそこで号泣してしまうというハプニングもありましたが、是枝作品を堪能して今も余韻から抜けていない感覚です。

血の繋がり、住む場所による繋がり、お金での繋がり等々、家族の関係性は様々だけど、それはきっかけでしかなく、お互いが関わりあっていく事で本当の繋がりができるのかなあ。等と親族と少し軋轢が生じている私は考えてしまいました。