kuu

万引き家族のkuuのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.0
世知辛い日本の世から、ようもまぁ~様々なモンをパクり生きとるわ。
ちょいと怖さを感じるけど、不思議な絆で繋がる家族。
訳あり家族って、こんなん、自分が子供の頃、その辺にいたなぁなんて思った。
京都にある地域に昔あったフラミンゴアパートにならこないな家族は、映画を地で行く人たちばっかやった。
七条、八条、九条にもこないな家族はホント沢山いたかな。
奪う事しか人生に関われへ人々。
樹木希林が鬼気迫る滅茶苦茶ええ演技で映画自体を繋ぎ止め、ストーリーに入り込ませられた。
母になりたい肝っ玉母ちゃん的女性に安藤サクラ。
ナイス
クソでも憎めない男(こないなオッサンは七条、八条、九条に沢山いたなぁ)にリリーフランキー
ナイス
それに、自我の芽生えに悩む男の子に、可愛いさかりの女の子。
ナイス
それぞれの心の奥にある不確かなものの変化もよく描写されてた。
不完全な家族やけど、
映画の出来は、自分的には高いとおもう。
不完全な家族ながら、互いの絆に愛を知り、そして、学ぶ。
ホンでもって、それぞれが何か答えを得て、何かを掴んむ。
不完全な家族は、それぞれ、何を掴んだんかなぁ。