ちゃき

万引き家族のちゃきのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
-
強烈な映画だったな…が見終わった後の印象。
一見幸せそうな家族だけどこんな家族には絶対なりたくない。

見てる側はりんのことしか分からないんだよな。
りんの本当の親はりんの好物も知らないし、髪も結ってくれないし、ぎゅーっとしてくれないし、酷いこと言うし殴る。でも万引き家族の方では髪も結ってくれるし、可愛いって言ってくれるし、水着だって着せてもらえる。
だからあの家族の方がいい、と肯定しそうになる。

でも実際は、万引き親がなぜ人を殺す必要があったのか、お兄ちゃんがどうして助け(?)られるに至ったのか、お姉ちゃんはなぜおばあちゃんと暮らすことを選んだのか、本当のところはなーんにも分からん。

だから楽しそうな生活の中に父ちゃんの「悪い」部分(だらしないとかじゃなくて)が見える。リリーフランキーのあの狂気の目よ…こっわ。常識が通じない相手。

全部見終わった後でもう一回見たらきっと最初とは違う印象で見えると思う。「選ばれた」なんてきっと思えない。
血の繋がらない家族の絆っていうとめっちゃいい話に聞こえるけど、結局のところ家族ごっこにしか過ぎなかったなってなる。

それにしても上から下まで良い役者が揃ってんな…。一つ一つの表現もかなり丁寧に作り込まれてる感じした。でも最後の警察役は名もない普通っぽい人にやって欲しかった感はある。

私は親子に万引きされたこともあるし、万引きした子どもを捕まえたこともあるので、どうしても万引きされる側に立っちゃうから「万引きは地獄に落ちろ」としか思えんけどな!
シャンプー忘れただ?フケ浮かせてろ!

さすがにこの内容は手放しで絶賛するのは違うよなって感じだったので祝意辞退はしゃーないやろなと思いました!