ねつき

万引き家族のねつきのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.0
「血の繋がりがない方がさ、強いのかもね、絆。」

圧倒的表現力。
こういう映画って。
私の行った映画館はそこそこ人が入っていたけれど、あそこにいた人たち一体これを、どう消化したんだろう。

人どおしが関係を持つのって、いろいろな理由がある。
お金絡みだったり体の関係だったり、仕事だったり愛し合っていたり、恨みつらみだったり寂しさだったり、はたまた血の繋がりだったり。
血が繋がる家族(二親等とかまで)だったら、一緒に幸せになるのが当たり前。
幸せにする義務があると思ってる。
でも、血の繋がりなんかなくたって絆はあって愛もあって、幸せもある。
女の子にとってあの家族にとって、本当の幸せってなんだろ。みたいな感じかな?

血の繋がり以外の理由で一緒に暮らしているあの家族には、確かに取調室では説明できない「何か」がある。
しかし、それだからじゃあ、あの家族が幸せかって言ったら、それもどうだろうか。
それって「ずっと真面目に生きてきた人より更生した不良の方がえらく見える」とか「普段優しい人が怒ると本当は性格悪いのかなって思うけど、普段冷たい人が親切にしてると本当はいい人なのかしらってなる」理論と同じなんじゃない。
血の繋がりがない“のに”幸せに楽しそうに暮らしている家族素敵って。

でもね、やっぱりみんな1人は寂しいんだ。
それでも1人で生きなきゃいけない人はたくさんいて、たくさんいるなら一緒にいたっていい。
そこに「家族」を作ったっていい。
みんな寂しいんだから。みんなで幸せになろう。

「誰かが捨てたのを拾ったの」