MOON

万引き家族のMOONのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.1
是枝監督作品を観るのは『空気人形』以来かな?(古)それ以降も数々の名作を作り続けていらっしゃるのに何となく観る機会に恵まれず。ようやく今作でまた拝見する事ができました。

ついこの間 凄惨な幼児虐待死亡事件のニュースが流れたあとだったので、凛ちゃんを見る目が他人事じゃなかった。フィクションではなく実際にこーいう子はいるのだと思うと泣けてしょうがなかった。虐待されても言えなくて、でもどこかでまだ母親の優しさを信じてて。でも恐怖心も心の中にいっぱいあって。その辛さが痛いほど伝わってくるから あの家族は疑似家族であっても救いだった。希望だった。安藤サクラさんにギュッと抱きしめられるシーンやお風呂のシーンは今思い出してもウルウルしてしまう。血のつながりがあってもなくても大人は子供を守る存在でありたい。そんな事をしみじみ感じてしまいました。

「もう1人の子供」として描かれる祥太くん。罪の意識もなく犯罪に手を染めていた日々が「妹」という守るべき存在ができた事によって変わっていく、気付いていくのが生々しかった。「罪悪感」や「疑問」が芽生えることは彼にとっては成長だったし、大きな苦しい決断をしてでも外に踏み出した勇気を誰も責められない。たとえそれが哀しい結果になろうとも。

子供を守る大人たち。愛情を持って接するけれど教育はしない。責任も持たない。子供たちにとっては救世主であるかのように見えるけど、決して聖人君子ではなく驚くほど冷淡だったり利己主義な面もしっかり見せていくのが凄かった。綺麗ごとでは済ませない。安っぽい感動ドラマにしてしまわない。現実の残酷さ、リアルさを突きつけられてハッとする。

厳しい現実は実生活で嫌というほど味わってるから映画やドラマの中ではそういうのを忘れたいって人がいるのも分かる。でも私はここまでリアルにこだわったからこそ自分の身近にあるもののように思えて刺さりまくりました。この映画のいろんな場面をふと思い出す度に優しさと痛みを感じ胸がギュッとなる。余韻がいつまでも残る作品でした。