HeroM

万引き家族のHeroMのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.1
一人称から二人称そして三人称へ。視点の変化が分かりやすく、物語を立体的に理解しやすい。
登場人物の個人的な背景が暈されているため、考えながら観ざるを得ない。事件を他人事で済まさず、現実に起きていることとして認知するためのサブリミナル効果を狙ってか。
スイミーとか鏡とかモチーフがよく効いている。
結局、子供は大人以上に色々なことに気付いているし分かっているし考えている。自分の事、将来の事、他人の事、家族の事、それらのために何をしなければならないかを。
結局彼らはなにで繋がってたのか。そんな事が愚問に思えるような、不安定だけど心地良い家族の時間。知りたいけど知りたくない、変わってほしいけど変わってほしくない。こういう映画はやっぱり面白い。