のぞみ

万引き家族ののぞみのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
3.8

こちらもレビュー忘れ🤭
でも、大学のレポート内容に使ったのでこちらから引用します

このレポートの評価とても良かったんです笑笑

以下引用


カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の「万引き家族」を鑑賞してきた。

社会から取り残された古い平屋に
祖母の初枝(樹木希林)、
治(リリー・フランキー)と
信代(安藤サクラ)の夫婦、
息子の将太(城桧吏)、
信代の妹の亜紀(松岡茉優)の5人で暮らしている。
彼らは、家の主である初枝の年金を目的につながっており、
足りないお金は万引きをして稼いでいた。

ある日、近隣の団地で震えていた少女(佐々木みゆ)を見かねた治が家に連れて帰る。
少女の全身にあざがあることから、
母親から虐待を受けていると知 り、
信代は娘として育てていくことを決心する。

そして、仲良く暮らしていた疑似家族だが、
ある事件をきっかけに擬似家族はバラバラに引き裂かれ、
それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく。

【感想】
本作は、社会の底辺で生きる弱者がリアルに描かれると同時に、
貧富格差、年金不正受給問題、死因不明社会、家庭内暴力、育児放棄、ギャンブル依存症、雇い留め、労災事故と経済大国である日本のそして首都・東京で起こる実情を包み隠さず焦点をあて客観的に世界に発信しているからこそ大きな衝撃と意義がある。

【考察】
私自身、今日に至るまで是枝監督の作品を過去にいくつも観てきた。
だから こそ、今回のレポートは是枝監督の過去の作品と結び付けて考察していきたい。(是枝監督クロニカル)

是枝作品に入浴シーンが多いことは有名だ。
「誰も知らない」「そして父になる」、「海街 diary」「歩いても歩いても」「3 度目の殺人」「万引き家族」 これらすべての作品に入浴シーンがある。
人がどのようにして『家族』になりうるのかを考え続ける是枝監督の思想の表れだと考える。

そして、『家族』の在り方をわかりやすく明確に描いている作品が「そして父になる」だ。
「そして父になる」は実在の新生児取違い事件がテーマ の作品だ。
子供を取違えられた 2 組の家庭が対照的に描かれている。

一方は裕福な家庭は 1 人で入浴するように躾けられており、
もう一方の家庭 は貧乏で一緒に入浴して水遊びをする。
子役の演技が印象的で、
結果的には貧しいほうの家庭は一緒に入浴することで絆を深め親子然とした振る 舞いができるようになる。

こうした両家の親と子の親密度の違いが
子供と一緒にお風呂に入ることができるかどうかという点に端的に描かれている。

『万引き家族』の入浴シーンは、
保護した少女とともに信代が湯船に浸かるシーンで、
信代は少女の腕に虐待の火傷跡をみとめ、自身の腕にも同 様にアイロンの火傷跡があることを示す。
是枝作品に見られる入浴シーンが
家族間の親密さを表すことは明らかだ。
是枝作品で描かれる浴室は、
家 族が家族になるための場所である。
是枝作品には血のつながりのない家族が多い。
『誰も知らない』の異父兄弟、
『歩いても 歩いても』の父親と妻 の連れ子、
『万引き家族』の信代と少女。

彼らは入浴という体験を共有し、
そこで親密さを深めることによって、
血のつながりを超えて家族になっ ていく。

このように是枝監督の様々な作品を介して説明してきたが、
是枝作品には『家族』と『入浴』を強く結びつけた流行があることは確かだ。

【あとがき】
是枝監督の作品はラストを観客に投げかけがちだ。
鑑賞して数日間、
本作は何を伝えたかったのか、
また、あの伏線の意味は何だったのか考え て、悩んだ。

「万引き家族」は流行という視点で考えるには難しすぎるので、
もう一度違う作品を鑑賞しようとも考えた。
本作の私の捉え方が正解 なのかはわからない。

何度見ても新しい発見がある作品だと感じた。
機会があれば、ぜひもう一度見てみたい。