万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

都内の開発が進む下町で、お婆さんの年金や父と息子の万引きで生活を営み、肩を寄せ合う家族を描いたお話。

その行為が罪なのか後ろ指さされる行為なのかは別として、温かみのある夫婦やお婆さんが愛情を注ぐ。家族、名前、そんなに意味は無く、繋がっている事、愛されて生きる環境が大事なんだと伝わってきました。
理想は家族の中で愛情が注がれる環境なんだけど、今の世の中は自分が大事って人が多いのかも。虐待や自分以外に責任を持てない人。

家族を守る為の共犯意識。生きていく為の犯罪の定義。こっそりと生きていく家族。
周りにマンションが建ち並び見えなくなった隅田川の花火大会。家族全員で花火の音だけを聞きながら楽しむ夏の夜。
世間の常識では理解され難い幸せの形が描かれていて、今時の絆の形を見せられた映画でした。
こんな話をなぜ映画にしたのか?と言う人たちもいますが、是枝監督の真骨頂というか、現実を見せつけられる世界感がたまらなく好きです。
この作品もほんの身近にいる人、いつ自分がこうなるか!みたいなとても恐ろしい映画でした。樹木希林は、是枝作品には欠かせない女優さんでしたね。
Zaza

Zazaの感想・評価

4.2
家族のことは家族にしかわからないこともあるし、外から見ないとわからないこともあるのかもしれない。
素敵な家族だった。
見終わってしまって寂しい。
これぞ是枝監督っていうテーマ。テーマにカット割りにキャスト全て合わせて俺たちが求めていた是枝映画。

安藤サクラがエロい。松岡茉優の乳首が見れるっていうから見たのにそんなシーンは無かった。

ラストで明かされるタイトルの意味に鳥肌が立つ。一本取られたってなるやつ
ぽっぽ

ぽっぽの感想・評価

4.0
安藤サクラすっごい

このレビューはネタバレを含みます

家族は血の繋がりじゃないんだなくて、愛情なんだなって強く思う。

最後にはみんなバラバラになっちゃうけど、それでも思いやってて泣ける

女の子が最終的に元の家族の元に戻っちゃったのが心配
れおお

れおおの感想・評価

4.5
固定概念について問われるような内容だった
善し悪しは常識に捕われるべきではないとおもった
悪の正義もあると感じた
松岡茉優の演技はよかった
勝手にふるえてろ以来の松岡茉優だった
ぴ

ぴの感想・評価

-
最後らへんの面会シーン、うるっときてしまった〜。本当の家族、偽物の家族。戻りたい、正しくありたい。子どもの色んな心情を感じれてよかった。
>|