万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

日本人らしい日本らしい映画です
この作品を海外が認めてくれた事に対し世界の映画に通用する事と世界の映画人の鑑賞力に賞賛します 子役含め演者が凄まじく
子役がぶち壊すケースが多いがこの作品には無い
先行で鑑賞したが間違いなくここ数年の日本映画の中で傑作と言える作品でした
TaroAwano

TaroAwanoの感想・評価

3.5
人間同士の関係性はもっとフラットであってもよいのではないかと考えさせられる。拾った子供でも、生物学的血縁関係でも、客と店員という関係でも、信頼も愛情も、裏切りも同じように発生するのである。
nanaho

nanahoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

誰かを救いたくて、
負の連鎖に陥っていく。

彼らの生活は、
ギリギリのバランスを保っていたのだ。

少しでも均衡が崩れればおわり。

スイミーのようにみんなで集まって、
大きな敵をなんとかやり過ごしていたのに。

せつなくてあたたかくてやるせない。

演者一人一人が本当に上手かった…。
本当に、その人たちが、そこにいた。
幸せってなんだろと考えさせられる。
世間一般の幸せと本人が感じる幸せは全く違う。ただ一筋縄ではいかない。
最後の女の子の表情がなんとも言えなかったです。
SHOTAISM

SHOTAISMの感想・評価

4.1
松岡茉優最高

どの俳優さんも自然体をそのまま映像に収めたような演技で素晴らしかった

血の繋がりだけでは家族を語れない、そんな映画

自分の中で色々な思い出と重なるシーンが多く、鑑賞後不思議な気持ちに

家族を題材にした映画ですが、家族と見るのはオススメしません
yuna

yunaの感想・評価

4.0
信代とりんちゃんが
2人でおふろに入ってるとこが
好きだったな
cherry

cherryの感想・評価

4.0
映画館がものすごく混んでいてびっくりした。一人で映画を観に行ったのは2回目だったけど、意外といいなぁと思った。
観ておきたいと思っていた作品。画面に映るキャストが全員豪華だった。冒頭から万引きをする姿が描かれ、緊張感があってドキドキしながらも、ほっこりする場面とのバランスが丁度良かった。

やっぱり子役の子たちの演技が良かった。目線で不安に感じていることとかがすごく伝わってくる。
数ヶ月を過ごした後に、りんちゃんが祥太と遊んでいるシーンは、すごく和やかな雰囲気に包まれていて、それだけで安心した気持ちになった。元気に話す姿が、走り回る姿が、それまでのシーンからは想像出来てなくて、本当に良かったという気持ちになった。

あと樹木希林の、食べ物を口に含むその仕草だけでも感情がそこにつまっている感じがした。食べるのではなくて、口に含む感じ。ちょっとした行動一つ一つにも、今感じていることが入り込んでいる感じがして、そこがまた、彼女に見入ってしまう理由だと思った。

そして駄菓子屋のおじいちゃんを柄本明が演じていたけど、ある時、彼が祥太とりんちゃんへ向けて言うセリフがすごく記憶に残っている。その場では祥太は、りんちゃんとただ家に向かって歩くだけだけど、きっと歩いてる途中でも何度もその言葉を繰り返し考えて、考えていたのだろうと思った。
リリーフランキー演じる父親にそれを伝えるのは、あっさりとした場面だったけどかなり印象的だった。

でもやっぱり、一番良かったのは安藤サクラの演技。彼女の言うセリフの威力が凄い。その言い回しからではなくて、彼女が言うからこその場面が多くあって、素敵な女優さんだと改めて感じた。
とにかく素敵な場面、印象的なセリフが今作にはたくさんあって、挙げたらキリがないくらいだった。

花火の音に家族が集まる。それは自然な光景で、よくありそうなものだけど、でもそんな光景があるのは住宅街に囲まれたその家、その家族だけだった。遠くから撮った映像がそれを引き立てているのが良かった。

結局はそうなるんだと思うラストが、どこか腑に落ちてしまうラストが、ただただつらかった。
kensan

kensanの感想・評価

3.7
是枝監督らしい作品。
社会の闇のような部分と、現実にありそうな臨場感に、引き込まれて行く感じで見入ってしまいました。
shortboots

shortbootsの感想・評価

4.5
安藤さくらさんは凄かった。
最後の方のあの台詞が全てだ。

凄く考えさせられるのだけど、理屈で考えたくないなと思った。
解決策とかもっと良い方法が…とはいくらでも考えられるのだろうけど、
考えるより感じることの重さというのか、何かがじわじわと。

私にはとてもリアルに思えた。


近所の野良か飼い猫かわからない猫が、みんな模様の違う仔猫達と一緒に昼寝してて、たぶん家族なんだけど、
それを思い出した。
昨日またメンバー増えてたし。
chanu

chanuの感想・評価

3.8
ドキュメンタリー風の独特な雰囲気、哀愁漂う役者陣の仕草、緊張感のあるスリリングな展開。是枝監督の表現の全てがつまっている。
>|