万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(21館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

矛盾や疑問点は多かったにも関わらず、何故か見ていて微笑むこともできる不思議な雰囲気。
絆っていうのはなんなのか、考えさせられた。
子供役2人が美形だった分、安藤サクラとリリーさんの配役にリアリティがあって良かった。
人を殺すのはいけないね。
子供の誘拐もいけないね。
でもさ、犯罪を擁護するつもりはないけど、
誰かを、なにかを助けるために、
自分を守るために
そうなってしまうことは
そんなにいけないことなんでしょうか。

家族のかたちっていろいろ。
やっと見れた。

''棄てたモノを拾っただけ''
安藤サクラ凄い。
Koko

Kokoの感想・評価

3.7
演技に圧倒された。
日常と非日常が混ざり合ってる、冷たいのに暖かい、不思議な映画
音質が悪い飛行機では絶対に見ない方がいい…
遠目の視点から家族っぽい風景を切り取る場面と、安藤サクラが印象的でした。拾ったんだなあ。
ちこ

ちこの感想・評価

4.2
家族のあり方、家族とは何かを再度考えさせられた作品
ホ

ホの感想・評価

4.3
さやかの接客シーンで感情がめちゃくちゃになった
Eiji

Eijiの感想・評価

3.7
なにが正解かわからない
たまこ

たまこの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

「誰かが捨てたものを拾ったんです。」っていう安藤サクラのセリフ、刺さった。
飛行機鑑賞。

これは子供居るかどうかで印象が変わるかなと。
僕は好きです。

自分の育ちが大阪の生野区、兵庫県の尼崎という西日本最難関地域ってのもあり、
「似たような家族一杯おるやん。」
ってシンパシーも入ってしまってる。

松岡美優が可愛い過ぎ。

僕は育ての親が親やと思ってます。
子育てって途方も無い忍耐と慈しみの塊。

虐待する気持ちもわからんとは言えない。
マジでヒステリックなるぐらい心身共に大変。

その一方でこんな慈しみの対象に悲しい気持ちをさせる行動なんか取れる事が想像できないという気持ちもある。

教育や学校の機会、持続性を無視した愛情の形を許容できる社会の方が良いと思うけど、実際犯罪の搾取に繋がるし取り締まるべきなんやろか。。。

池脇千鶴マジうざい警官代表で良い演技。

現実にハッピーエンドが無いからフィクションくらいハッピーであれ!という主義のため一部減点!
>|